ガリレオΦ (三浦春馬さん)

haruma02
三浦春馬さんは、『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』に湯川学(大学時代)役で出演しました。
先週の4日、ガリレオの劇場版『容疑者Xの献身』の公開日に合わせて、『ガリレオΦ(エピソードゼロ)』がフジテレビ系列の土曜プレミアムで放送されました。
●導入部のあらすじと感想
湯川学(福山雅治さん)と内海薫(柴咲コウさん)が出会う3年前の出来事。
友永幸正(蟹江敬三さん)の息子・邦宏(波岡一喜さん)が、部屋としていた離れの家で、刀のような刃物で絶命し、直後に突如として家が爆発する事件が発生した。離れの家には何者かが侵入した痕跡はなく、密室殺人のようだ。捜査に当たった草薙俊平(北村一輝さん)は専門家の意見を聞くために、母校の帝都大学に赴いたが、収穫は得られなかった。帰ろうとした時に、ふとしたことで草薙は、学生時代の友人である湯川と再会し、捜査協力を依頼する。全く興味を示さない湯川だったが、「事件現場の近くのビーチには水着姿の若い女性がウジャウジャいる」と草薙にそそのかされて、捜査に協力することになる。
実は学生時代、湯川(三浦春馬さん)は、警察から殺人容疑をかけられた草薙(佐野和真さん)を天才的な頭脳で救ったことがあった。それは、草薙がピザ配達のアルバイトをしている時に、配達先の部屋の住人がベランダから転落死し、その時にちょうど部屋へ訪れたのが草薙だったため、殺人容疑をかけられたというものだ。自分の無実を証明できるものが何も無かった草薙は、同じバトミントン部の湯川に助けを求めた。
湯川ゼミの学生・塩野谷あかり(長澤まさみさん)がその話に興味を示し聞いてきたため、草薙は学生時代のその時の出来事を話し始めるのだった…。

今回は、連続ドラマから3年前、湯川が草薙の依頼によって初めて警察に捜査協力をした事件と、学生時代に、湯川が草薙にかけられた殺人容疑を晴らした出来事の2つの話で構成されていました。
事件・現象の仕掛けや解明方法が面白く、ガリレオらしさがよく出ていたと思います。
事件解明で活躍したわけではありませんが、栗林宏美(渡辺いっけいさん)も目立っていて面白かったです。
学生時代に、四色問題の証明を試みている石神がちらっと登場したり、ドラマの終盤で、クルーザー爆発の原因不明の事件のニュースが流れたりと、映画とリンクする場面がありました。映画の方も気になるところです。

スポンサーリンク