ガリレオ (香取慎吾さん)

katori02
SMAPの香取慎吾さんは、毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ガリレオ』の第4話に田上昇一 役でゲスト出演しました。
昨夜はその第4話が放送されました。
●あらすじと感想
ある豪邸の室内プールで若い女性・篠崎怜子(蒼井そらさん)の水死体が発見される。
死因は心臓麻痺によるものだが、なぜか胸の皮膚の一部だけが壊死していた。
そのことが気になって薫(柴咲コウさん)は、湯川(福山雅治さん)のもとを訪れるのだった…。

今回のトリックは、水を媒体することによって超音波を殺人の道具にするというものでした。犯人の大学院生・田上昇一(香取慎吾さん)は危険思想者です。「1人殺すだけなら犯罪者だけど、10万人殺す兵器を考えれば英雄なんですから」というセリフが象徴的でした。
今回の湯川はいつもより苦悩モード。久しぶりに才能のある気持ちのいい若者に出会ったと思ったのに、その才能を殺人という馬鹿げたことに使うのが残念だったからでしょう。
湯川が殺害方法に気付くに至った功労者は、薫と湯川の助手の栗林宏美(渡辺いっけいさん)でした。薫が田上に貰ったブローチを落として、それを栗林が拾って、超音波加工機で彫った手作りである旨を湯川に解説してひらめいたわけです。
薫は今回「科学者としてのあの人(湯川)は、私は信頼しているの」という発言をしました。湯川も、薫が田上に貰ったブローチを事件解決後に密かに捨てて微笑むなど月9らしい雰囲気も漂わせていました。あまり必要性を感じなかった香取さん演じる田上のシャワーシーンは、女性視聴者向けのサービスかもしれません。湯川と美人監察医・城ノ内桜子(真矢みきさん)の初顔合わせシーンがなんだか印象的でした。

スポンサーリンク