ブラッディ・マンデイ2 (三浦春馬さん)

haruma05
三浦春馬さんは、毎週土曜夜8時枠TBS系列にて放送されている連続ドラマ『ブラッディ・マンデイ シーズン2』に主人公・高木藤丸 役で出演しています。
昨日の第1話は2時間スペシャルで、よる7時から放送されました。
●あらすじと感想
天才ハッカー・高木藤丸(三浦春馬さん)が、家族・仲間・地球を救うべく、最凶最悪のウイルステロ“ブラッディ・マンデイ”と立ち向かい、裏切りの連鎖に傷つき、多くの仲間を失ってショックを受けながらも、一応の解決を見た前作『ブラッディ・マンデイ』。物語はそれから2年後、再び日本がテロの標的にされるところから始まりました。そのテロ計画とは、核爆弾による東京壊滅。核によってハイジャックされた飛行機の機内には、2年前のウイルステロの首謀者・Jこと神崎潤(成宮寛貴さん)の姿がありました。彼は国際指名手配され、モスクワに潜伏していたところをインターポールによって逮捕され、現在移送中だったのです。核爆発までのタイムリミットが刻一刻と迫る中、藤丸が再び立ち上がりました。今回のテロは、“魔弾の射手”と名乗るテロリスト集団による犯行で、その集団の中には、藤丸と互角かそれ以上のハッキング能力を持つ「ホーネット」という存在がいて、さらに友人の朝田あおい(藤井美菜さん)まで人質にされ、藤丸は窮地に立たされました。
サードアイ(=警察庁の秘密部隊)によって、藤丸の妹・遥(川島海荷さん)と、2年前の事件に関与していたテロリスト・折原マヤ(吉瀬美智子さん)と会っていた藤丸の友人・九条音弥(佐藤健さん)が無事保護され、あおいも無事救ったとの報告を受けて、藤丸は心置きなくハッキングの腕を振るって、爆発の回避に成功しました。ところが、藤丸は人質になっていたあおいの変わり果てた姿と対面することとなります。サードアイが監禁場所に駆けつけた時には、あおいはすでに亡くなっていたのです。
テロリスト集団“魔弾の射手”の真の計画は、「日本再起動計画」とのこと。再び藤丸は、家族・仲間・地球を救うべく、テロと対峙していくようです。藤丸のバイト仲間・水沢響(黒川智花さん)、現在のサードアイ指揮官・萩原太朗(高嶋政宏さん)など新たな登場人物も加わり、また複雑に人間関係も絡み合っていきそうです。
原作は、週刊少年マガジンに連載中の『BLOODY MONDAY Season2 絶望ノ匣』ですが、ドラマは原作版とは違う別のストーリーになるそうです。

スポンサーリンク