ブラッディ・マンデイ (三浦春馬さん)

haruma03
三浦春馬さんは、毎週土曜夜8時枠TBS系列にて放送されている連続ドラマ『ブラッディ・マンデイ』に主人公・高木藤丸 役で出演しています。
先週は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
ロシアで折原マヤ(吉瀬美智子さん)は密売組織の男性から殺人ウイルスを手に入れた。彼女は日本でのウイルステロをもくろんでいた。計画のキーワードは「ブラッディ・マンデイ」。ほどなくして、ロシアのある町で住民みんなが一瞬にしていなくなるという事件が起きる。そして、日本にやって来たマヤは、自分を追ってきたロシアの諜報員を殺し、行方をくらます。殺された諜報員が残したメッセージによると、事件はテロの可能性が高く、次のターゲットは東京と思われ、決行は数日以内とのこと。
警察庁の秘密部隊「サードアイ」は、真相を突き止めるため、弥代学院高等部に通う高木藤丸(三浦春馬さん)に、ロシア軍用施設へのハッキングを依頼する。藤丸は、見た目はごく普通の高校生だが実は“ファルコン”と呼ばれる天才ハッカーで、サードアイ課長補佐・高木竜之介(田中哲司さん)の息子だった。
そんな時、弥代学院にマヤが教師として潜入し、藤丸に近づくのだった…。

ドラマとして観る分には面白いんですが、実際に身の回りで…と想像したら恐ろしくなりました。
連続ドラマ初主演となる三浦春馬さんは、天才ハッカーと普通の高校生という2面性を見事に演じ分けていると思いました。
最凶最悪のウイルステロ「ブラッディ・マンデイ」と立ち向かう天才ハッカー藤丸の今後の活躍も楽しみです。

スポンサーリンク