ガリレオ (福山雅治さん)

fukuyama
福山雅治さんは、毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ガリレオ』に湯川学 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
住宅街の一角にいつもたむろして騒いでいた若者グループの1人の頭が突然燃え上がり焼死する事件が発生。貝塚北署の新人刑事・内海薫(柴咲コウさん)は、警視庁への栄転が決まった先輩刑事・草薙俊平(北村一輝さん)から、大学の同期生で天才物理学者の湯川学(福山雅治さん)を紹介される。早速、薫はその湯川がいるという帝都大学の第十三研究室を訪ね、捜査協力を依頼する。事件のあらましを聞いた湯川は興味を示すが、彼のあまりの変人ぶりに薫は不信感をにじませる。
薫とともに現場に訪れた湯川は、現場近くで機械部品などを作っている時田製作所に注目。そこには、うるさい若者たちに憤りを覚える近隣住民の1人、金森(唐沢寿明さん)が勤めているのだった…。

本作は、東野圭吾さんの小説『探偵ガリレオ』と『予知夢』をドラマ化したもので、“変人ガリレオ”と呼ばれる天才物理学者と熱血新人女性刑事が不可思議な事件を解決していく姿を描いています。ちなみに原作中では湯川の相方は草薙(ドラマ中では湯川を薫に紹介した先輩刑事)になっているそうです。
容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能で、女子学生からは圧倒的な人気を得ているという設定の湯川は、福山雅治さんにぴったりの役だと思います。柴咲コウさんが演じる薫とのギクシャクした関係も、今後の展開でどうなるのか気になるところです。犯行トリックが化学モノというのも新鮮で興味深いです。犯人役で登場する多彩なキャストも楽しみです。今回第1話に登場した唐沢寿明さんもいい味を出していました。
主題歌を担当しているKOH+は、柴咲コウさんと福山雅治さんによるコラボ・ユニットで、作詞・作曲・プロデュースを福山雅治さんが務めて、歌を柴咲コウさんが担当しています。

スポンサーリンク