ごくせん (三浦春馬さん)

haruma
三浦春馬さんは、毎週土曜夜9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ごくせん(第3シリーズ)』に風間廉 役で出演しています。
先週は第2話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
山口久美子(仲間由紀恵さん)が運命の人と勝手に思っている夏目誠一(小泉孝太郎さん)が赤銅学院高校の校医としてやって来る。彼は普段は学校の近くの病院に勤務している。
相変わらず3Dは、ケンカが絶えない。そんなクラスに必要なのは親睦と連帯感だと言う久美子は、缶蹴り大会を持ちかけるが、誰一人参加しない。
そんな折、3D全員が見守る中、緒方大和(高木雄也さん)と風間廉(三浦春馬さん)がタイマンを張ることになった。いつの間にかその場に居合わせる久美子は、止めるどころか応援。思いっきり力を出し合ってケンカをすれば、本物の“仲間”になれるだろうと言う。しかし、携帯で猿渡五郎(生瀬勝久さん)から警察が来るとの情報を聞き、全員で逃げてタイマンは中止。
その後、久美子は2人がケンカをしたがる理由をそれぞれに聞き出す。廉は「世の中、敵か味方しかいねぇ」と言い、大和は「ケンカでしか一番になれねぇから」と言う。廉は小学校の頃いじめられていたので強くなることにこだわっていて、大和は勉強も運動もできないからケンカでの一番にこだわっているらしいのだ。
翌日、大和と廉が2人きりで再び対峙。昨日、久美子に「緒方は敵じゃないとおまえもわかっているんだろう」と言われた影響からか、廉は「おまえが頭でも構わない」と言ってタイマンを避けようとする。しかし、大和は「タイマンを張って勝たないとトップということにはならない」と言って廉に無理矢理ケンカを仕掛ける。結局2人はケンカになり、挙句の果てに落ちていた木の棒を武器代わりに振りかざした。そこへ久美子が現れケンカを止める。昨日は素手だったからケンカを止めなかったと言う久美子は、「人を殴れば自分の拳も痛い。その痛みを知れば、無意味に人を殴るなんて事はしないはずだ」と話す。そして、人は一人では生きていけないことを説き、仲間の重要性を訴え、ケンカというのは、仲間や本当に大切なものを守るためにやるもので、自分のためだけにケンカをするのは意味がないと説教する。「きれい事ばっか言ってんじゃねぇ」とその場を立ち去る大和や廉に、久美子は「仲間にはトップもビリも上も下もない。そんなこと何の関係もない」と叫ぶが、何の反応も示さなかった。
苛立ちがおさまらない大和は、街でぶつかった若者と言い合いになり、ボコボコにしてしまう。本城健吾(石黒英雄さん)と神谷俊輔(三浦翔平さん)が慌てて止めようとするが、時すでに遅し、その若者の仲間と思われる柄の悪い連中・10数人が現れ、大和らを囲み、殴る蹴るの暴行を加える。そこへ廉、市村力哉(中間淳太さん)、倉木悟(桐山照史さん)が通りかかってその現場を目撃するのだった…。

ベタな展開ですが、話としてはよく出来ていると思います。
最後の定番・ヤンクミがチンピラをやっつけるシーンは、やはり見ていて気持ちがいいです。
今回は、早くも生徒6人がヤンクミの強さを知ってしまいました。今後の展開にどう影響するのか興味深いところです。
ごくせんシリーズのファンとしては、ヤンクミのかつての教え子・クマこと熊井輝夫(脇知弘さん)が結婚し、しかも子どもができたという展開には驚きました。
ごくせんで缶蹴りと言えば、第1シリーズの土手での缶蹴りが思い出されます。クマはその時の生徒で、主要メンバーは、沢田慎(松本潤さん)、内山春彦(小栗旬さん)、南陽一(石垣佑磨さん)、野田猛(成宮寛貴さん)と今や若手人気俳優として名高い方たちばかりです。また、目立ってはいませんでしたが、その時の生徒役で、松山ケンイチさん、上地雄輔さんもいました。

スポンサーリンク