エターナルズ (ジェンマ・チャン)

gemmachan

映画『エターナルズ』(Eternals)は、マーベル・コミックの同名の種族をベースとした実写映画化作品です。“マーベル・シネマティック・ユニバース(=MCU)”シリーズとしては第26作品目の映画となります。
ジェンマ・チャンはセルシ役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。以下ネタバレが含まれています。
エターナルズは、この世の創造より前に出現した種族セレスティアルズによって生み出された不死の種族です。知的生命体を捕食する人類最古の敵ディヴィアンツから人類を守るようセレスティアルズから命じられ、地球では7000年以上前から歴史の裏側で人類を守り続けてきました。そして既にすべてのディヴィアンツを倒したものの、指示がない限り惑星に帰れないため、現在は散り散りとなり、地球の様々なところで暮らしています。エターナルズが戦えるのは人類を脅かすディヴィアンツが関わる時だけとのことで、サノスとの戦いも手出しすることができずに、見守ることしかできなかったようです。サノスに消された全宇宙の半分の生命はアベンジャーズの活躍で復活しましたが、なぜかディヴィアンツも再び地球に出現してしまいました。ディヴィアンツを倒すため、数千年の時を経てエターナルズが再度集結することとなるのでした…。
セレスティアルズによって地球に送り込まれたエターナルズは、エイジャック(サルマ・ハエック)、セルシ(ジェンマ・チャン)、イカリス(リチャード・マッデン)、キンゴ(クメイル・ナンジアニ)、スプライト(リア・マクヒュー)、ファストス(ブライアン・タイリー・ヘンリー)、マッカリ(ローレン・リドロフ)、ドルイグ(バリー・コーガン)、ギルガメッシュ(ドン・リー)、セナ(アンジェリーナ・ジョリー)の10人でした。メンバーそれぞれの性格が個性的で、それぞれの関係性も面白かったです。いわばヒーローである彼らの恋愛や嫉妬、葛藤、秘密などが描かれ、驚きの事実なども明かされて興味深かったです。戦闘シーンもエターナルズそれぞれの特殊な能力を活かしたものとなっていて見応えありました。
ミッドクレジットシーンでは、なんとサノスの弟、スターフォックスことエロス(ハリー・スタイルズ)が初登場。一気にMCUシリーズらしさが出てワクワクしました。ポストクレジットシーンでは、セルシと恋人関係にあるデイン・ウィットマン(キット・ハリントン)が謎の剣と対峙。剣が揺れて光を放ち、デインはどこからか声をかけられます。これは剣が実は魔剣エボニー・ブレイドで、デインが今後ブラックナイトに覚醒するということを示唆しているのでしょうか。今後のMCUシリーズの展開も楽しみです。