医龍4 Team Medical Dragon (坂口憲二さん)

sakaguchi05
坂口憲二さんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『医龍4 Team Medical Dragon』に朝田龍太郎 役で出演しています。
先日は初回2時間スペシャルで夜9時より放送されました。
●あらすじと感想
金にも名誉にもなびかず、医者としての使命感だけで動く朝田龍太郎(坂口憲二さん)たち元チームドラゴン。
L&P病院の顧問である野口賢雄(岸部一徳さん)は、経営コンサルタントの岡村征(高橋克典さん)と組んで彼らの獲得に動きます。なぜならインドでの大規模な病院経営に彼らが必要だからです。
野口たちはまずは桜井総合病院に経営の合理化を前提とした提携を持ちかけて追い詰めます。そうすれば、院長の桜井修三(平幹二朗さん)が、秘蔵っ子ともいえる朝田に助けを求めると考えたからです。
紛争地帯でMSAP(=万人のための医師団)の一員として活動をしていた朝田は、師匠・桜井の経営する桜井総合病院を救うために帰国し、仲間であるチームドラゴンの荒瀬門次(阿部サダヲさん)、加藤晶(稲森いずみさん)、伊集院登(小池徹平さん)を集めました。それはすべて野口の計算通りなのです。
さらに野口たちは、いずれ朝田たちの目の前に桜井総合病院の設備では治療できない患者が現れ、最先端の設備を持つL&P病院に協力を仰がなければならない状況に陥るとにらんでいます。その際に交換条件としてインドに建設予定のデリー・シャンティホスピタル行きを迫るつもりのようです。
機械がはじき出す結果のみで治療方針を決め、利潤のみを追求して訴訟のリスク回避のために患者を選ぶL&P病院。患者の話をよく聞いて彼らが望む最善の治療を考え、単一の疾患だけじゃなく患者のすべてを診る桜井総合病院。双方の考え方は明らかに違います。今後、野口&岡村とチームドラゴンがどのような対決を展開していくのか楽しみです。
また、現在担当している重病の患者を救うためにまだチームに加わっていない藤吉圭介(佐々木蔵之介さん)や、チームドラゴンをもらうのが条件で野口&岡村側についている鬼頭笙子(夏木マリさん)の動向も気になります。

スポンサーリンク