医龍 Team Medical Dragon3 (岸部一徳さん)

ittoku03
岸部一徳さんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『医龍 Team Medical Dragon3』に野口賢雄 役で出演しています。
先日は第8話が放送されました。
●あらすじと感想
朝田龍太郎(坂口憲二さん)は、病気と闘うことを必死に宣言する患者・真鍋徹(今井悠貴さん)の言葉と涙によって記憶を取り戻し、ケガも治ってきたものの、オペの器具を持つと手が震えてしまうという症状に悩まされていました。別の病院で受診したところ、PTSDだと判明。どうやらかつて戦地で救えなかった少年のことが原因のようです。
そんな中、徹の容態が急変し、移植が無理である以上すぐにでもオペをやるしかないという状況になりました。朝田はチームに正直に自分の病状を話し、執刀は加藤晶(稲森いずみさん)、第1助手に伊集院登(小池徹平さん)、朝田は第2助手として入ることになりました。オペ室に入る前に伊集院は朝田に「先生の周りにはみんながいます。それを忘れないでください」と励ましました。伊集院もすっかり成長したようです。
前回、元婚約者の妻の難しいオペを見事に成功させた加藤は、今回も頼もしく順調にオペを進めて終盤を迎えましたが、新人研修医・真柄冬実(谷村美月さん)の不注意でコネクタが外れてしまい、突如として危機的状況に陥りました。そこで朝田の出番です。朝田は徹を助けたい一心で手の震えを克服し、すさまじいスピードと技術でオペを成功させました。藤吉圭介(佐々木蔵之介さん)もまた幹細胞の自己増殖を確認し、心筋幹細胞の研究を大きく前進させていました。
朝田が戻って来て活気づく外科でしたが、復活したのは朝田だけではありませんでした。学長・鬼頭笙子(夏木マリさん)によって海外へ実質左遷されたはずの野口賢雄(岸部一徳さん)が朝田たちの前に現れたのです。やはり野口がいると張り合いが出ます。そういえば、黒木慶次郎(遠藤憲一さん)はどこか体調が悪いようです。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク