医龍 Team Medical Dragon3 (夏木マリさん)

natsuki02
夏木マリさんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『医龍 Team Medical Dragon3』に鬼頭笙子 役で出演しています。
一昨日は第9話が放送されました。
●あらすじと感想
黒木慶次郎(遠藤憲一さん)の前に元同僚の高瀬清(渡辺いっけいさん)が現れ、重度の心臓病を患っている妻・春香(出口結美子さん)をカテーテル治療して欲しいと必死に頼み込んできました。高瀬は15年前、黒木の元婚約者のオペにたずさわり、教授に従って黒木を裏切った1人です。高瀬を恨んでいる黒木はその頼みを拒絶しました。
そんな中、ここのところ特に体調が悪そうな黒木は、腹部大動脈瘤のカテーテル治療において、立ちくらみが原因でミスを起こし、治療しているのとは別の場所の上行大動脈の破裂を引き起こしてしまいました。それは黒木でもカテーテルで治せるものではありません。そこへ朝田龍太郎(坂口憲二さん)たちチームドラゴンが登場しました。黒木のカテーテルを見学していた藤吉圭介(佐々木蔵之介さん)が朝田に事情を説明して呼んできたのです。動揺する黒木に「おまえならできる」と朝田が声をかけ、伊集院は黒木のサポートに回ります。朝田は上行大動脈置換術を行い、黒木は引き続き腹部大動脈瘤のカテーテル治療を行うという、朝田と黒木のコラボレーションが実現しました。オペはどちらも成功し、患者は助かりました。
最高のチームを目の当たりにした黒木は、過去の呪縛から解放されたようです。改めて過去の裏切りを謝罪する高瀬に、黒木は「この病院には最高のチームがある。奥さんの病状はカテーテルでは無理だ。でも奴らなら、あのチームなら助けることができるかもしれない。俺が言っておく」と言いました。そして、黒木は、自分の古くからの仲間の嫁さんを助けてほしいと朝田に頼みました。
理事会では、野口賢雄(岸部一徳さん)の逆襲が開始されました。野口は緊急動議として鬼頭笙子(夏木マリさん)の学長解任の申し立てをしたのです。野口はすでに理事たちへの根回しを済ませていたので、鬼頭の解任はあっさりと認められ、しかも新学長に野口の就任が決まりました。
カンファ室では今後のオペの予定が立てられていました。高瀬の妻・春香のオペと、野口が呼んだ患者で世界的ピアニストのリディア・ナターリア(Asya)のオペが同日になってしまったことが判明。どちらも極めて難しいオペで、メンバーが足りないという理由から、加藤晶(稲森いずみさん)は日程をずらそうとしますが、朝田は最高の仲間を呼んだから大丈夫だと言います。それは、第2シリーズで登場した北洋病院の外山誠二(高橋一生さん)と野村博人(中村靖日さん)でした。
一方、黒木は屋上で倒れていました。実は黒木は慢性骨髄性白血病で、しかも何度も再発していて手の施しようがない状態のようです。
前のシリーズも観ていたので、北洋病院のメンバーの登場は興奮しました。盛り込みすぎのような気もしましたが、次回最終回が楽しみです。

スポンサーリンク