SMOKING GUN 決定的証拠 (香取慎吾さん)

katori08
SMAPの香取慎吾さんは、フジテレビ系列の毎週水曜夜10時枠にて放送されている連続ドラマ『SMOKING GUN(スモーキングガン)~決定的証拠~』に流田縁 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
2011年。とある教会で、流田縁(香取慎吾さん)は永友エミリ(倉科カナさん)にプロポーズする。しかし、数日後、縁は暗闇の中で目を覚ます。なぜか縁は傷だらけで、エミリがそばで倒れていた。しかもエミリの胸には血の跡が大きく広がっていた。そこへ刑事たちが駆けつける。
それから3年後の2014年。デパートの満員のエレベーターで石巻桜子(西内まりやさん)はお尻を触られる。隣に立っていた男性・鹿戸澄夫(菊池均也さん)が犯人だと思った桜子は、エレベーターの扉が開くと腕をつかんで痴漢だと叫んだ。澄夫は無実を訴えるが、警備員が駆けつけて連れて行かれそうになる。そこに縁が現れ、無実なら証明すると告げて、名刺を差し出した。縁は千代田科学捜査研究所という民間の科捜研で働いていて、捜査員兼営業部員だ。藁にもすがる気持ちの澄夫はただちに調査を依頼。縁は、桜子のスカートに残された指紋を採取し、澄夫の無実を証明して見せ、その指紋の特徴から真犯人も突き止めるのだった…。

“smoking gun”とは、発射した直後の銃が硝煙を立ち昇らせている状態のことを指して“決定的証拠”を意味するそうです。
エレベーター内の痴漢の件で縁の科捜研調査員としての実力を目の当たりにした桜子は、謎の死を遂げた父の死の真相究明を依頼。それをきっかけに千代田科捜研でアルバイトを始めることになりました。
おっちょこちょいな桜子、豪快な姉御肌で千代田科捜研のチームをまとめる所長・千代田真紀(鈴木保奈美さん)、アルバイトとして働いていて7人の弟たちを養っている人のいい社交的な学生・松井丈太朗(中山優馬さん)、文句を言いながらも結局はプロフェッショナルな腕を発揮する小宮山祥子(安藤玉恵さん)と田坂繋(イッセー尾形さん)など、個性的な面々が縁と一緒にチームとなって難事件に挑みます。
縁は普段はズボラでひょうひょうとしていますが、大好物のドーナツ片手にクリエイティブな才能を発揮します。そんな縁は、3年前に恋人・エミリが亡くなった事件に関する記憶がなくて苦悩しています。縁が言う「人は概して自分のことを分かってない」というセリフはそんなところからもきているのでしょう。真実がつかめない苦悩を知る縁が、依頼者のために奮闘する姿が楽しみですし、3年前の事件の真相も気になるところです。
原作は、集英社の「グランドジャンプ」で連載中の漫画『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』(作:横幕智裕、画:竹谷州史)です。

スポンサーリンク