チーム・バチスタの栄光 (釈由美子さん)

shaku02
釈由美子さんは、毎週火曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』に大友直美 役で出演しています。
一昨日は第5話が放送されました。
●あらすじと感想
チーム・バチスタによるバチスタ手術における謎の術中死。誰も彼も怪しく見えてきます。
今回は、殺人予告と思われるガラスケースに入ったバラが登場し、田口公平(伊藤淳史さん)の葛藤がメインに描かれました。
田口とは対照的で、無神経で理屈っぽい性格の白鳥圭輔(仲村トオルさん)のお得意のアクティヴ・フェーズ(能動的調査)も炸裂。そんな中、田口はチーム・バチスタのメンバーを信じたいと思う気持ちと、湧いてきてしまう疑念の狭間で悩みます。そこで白鳥が本当に他人を知るというのは、知りたくもないその人の最悪な部分までしっかり見つめることだと田口の甘さを指摘。そのことにより田口は一皮むけたのか、大友直美(釈由美子さん)の情報をもとに、氷室貢一郎(城田優さん)の孤独な心に着目し、怪文書を書いたのは氷室ではないかと氷室本人に切り込みました。
そんな時、患者・蔵田勇吉(田村元治さん)が発作を起こしてしまい、3日後の予定だったバチスタ手術を急遽行うことになってしまいます。オペ前室には、氷室が捨てたはずのバラが、殺人を予告するかのように再び置かれていました。田口は必死に手術の延期を桐生恭一(伊原剛志さん)に訴えますが、今手術をしなければ患者を死なせることになるからオペは止められないと振り切られてしまいます。
オペ室のドアが閉まる前に氷室が見せた不気味な笑みが印象的でした。現時点でいかにも怪しい氷室がそのまま犯人ということは、さすがにないでしょう。犯人とともに殺人のトリックの方も気になるところです。