スクラップ・ティーチャー (知念侑李さん)

chinen03
Hey!Say!JUMPの知念侑李さんは、毎週土曜夜9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』に吉田栄太郎 役で出演しています。
先週は第5話が放送されました。
●あらすじと感想
結果的に“教師再生”に繋がっていることはあるが、基本的には、ダメ教師を叩きのめすことが主たる目的である、高杉東一(山田涼介さん)を中心とする吉田栄太郎(知念侑李さん)、入江杉蔵(有岡大貴さん)らスーパー中学生。
結果に繋がっているかどうかは別として、学校を良くするために奮闘している久坂秀三郎(中島裕翔さん)と教師・杉虎之助(上地雄輔さん)。
学校を変えていくという目的としてはどちらも共通していますが、考え方の違いから、高杉、吉田、入江は、久坂と杉先生とは微妙な距離を置いています。
今回の第5話では、杉先生に感化されたマンガ研究会の部員・品川まなみ(田中あさみさん)と三島奈美(磯貝奈美さん)が、マンガフェスタへ参加することを決心。そして、2人が好意を寄せている吉田を部員として引き込み、マンガフェスタへ参加するまでの障害を一緒に乗り越えました。その過程で、杉先生の人の良さが表面的なものではないことに吉田が気付いた様子。
いつものように、最後はスーパー中学生・高杉、入江、吉田の活躍により問題は無事解決。結局、自分たちの活躍がなければ問題を解決することができなかったことから、最終的には、やはり吉田は高杉、入江の側につき、杉先生をも子どもたちに尊敬されない“哀しい大人”扱いをします。それに対し、杉先生は、教師だけの問題ではなく、学校は生徒と先生が一緒になって作っていくものと反論。大人のこと、先生たちのことをあきらめてしまうなら、哀しいのは高杉たちも一緒だと告げます。
果たして高杉たちと杉先生が分かり合える日は訪れるのでしょうか? 教師再生、学校の行方とともに気になるところです。

スポンサーリンク