阿部寛さん

abe
阿部寛さんは、昨日、15歳年下の元OLの一般女性との結婚を記者会見で発表しました。
今後、スケジュールを見て婚姻届を提出し、挙式披露宴を親族のみで2008年春に行う予定とのことです。

阿部寛さんは大学在学中の1985年、姉に勧められて「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」へ応募し、見事優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍しました。
『メンズノンノ』の創刊号から43号まで連続して表紙を飾り、「世界で最も同じ雑誌の表紙を連続して飾った人物」として『ギネスブック』に掲載されているそうです。
1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。また、1988年にアルバム「ABE」をリリース。以降は主に俳優として活動しますが、モデル出身という肩書きと顔立ちが邪魔をして、ありきたりな二枚目の役しか与えられず、次第に仕事も減っていったようです。
しかし、1993年、舞台『熱海殺人事件』(つかこうへい作・演出)で主役のオカマ部長刑事役を演じたことが転機となり、次第にビジュアル面だけではなく演技力の方も評価されるようになりました。
2000年には堤幸彦監督、仲間由紀恵さん共演のテレビドラマ『TRICK』で三枚目な役柄を熱演し、高い人気を獲得。以降二枚目から三枚目までの役柄を幅広くこなす俳優として活躍しています。

阿部寛さんの主な出演テレビドラマとしては、『ぼくが医者をやめた理由』、『大河ドラマ 八代将軍吉宗』、『番茶も出花』、『成田離婚』、『愛、ときどき嘘』、『ハッピーマニア』、『チェンジ!』、『大河ドラマ 元禄繚乱』、『お水の花道』、『週末婚』、『恋愛結婚の法則』、『YASHA-夜叉-』、『TRICK』シリーズ、『神様のいたずら』、『HERO』、『昔の男』、『できちゃった結婚』、『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』、『ウエディングプランナー』、『マイリトルシェフ』、『真夜中の雨』、『大河ドラマ 武蔵 MUSASHI』、『最後の弁護人』、『笑顔の法則』、『アットホーム・ダッド』、『逃亡者 RUNAWAY』、『大河ドラマ 義経』、『ドラゴン桜』、『結婚できない男』などがあります。
主な出演映画としては、『はいからさんが通る』、『YAWARA!』、『孔雀王アシュラ伝説』、『プロゴルファー織部金次郎』シリーズ、『リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト』、『凶銃ルガーP08』、『大阪極道戦争 しのいだれ』、『RAMPO』、『ヤマトタケル』、『サンクチュアリ』、『人でなしの恋』、『女賭博師 花吹雪お涼』、『薔薇ホテル HOTEL ROSE』、『風のかたみ』、『30 -thirty-』、『タオの月』、『フレンチドレッシング』、『必殺!三味線屋・勇次』、『ゴジラ2000 MILLENNIUM』、『東京攻略』、『発狂する唇』、『HYSTERIC』、『新GONIN 極道番外地』、『しあわせ家族計画』、『RUSH!』、『プラトニック・セックス』、『血を吸う宇宙』、『トリック劇場版』、『監督感染「KENENN」』、『花とアリス』、『恋人はスナイパー 劇場版』、『SURVIVE STYLE5+』、『雨鱒の川』、『鉄人28号』、『ハサミ男』、『姑獲鳥の夏』、『奇談』、『サイレン ~FORBIDDEN SIREN~』、『トリック劇場版2』、『バルトの楽園』、『アジアンタムブルー』、『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』、『大帝の剣』、『伝染歌』、『HERO』、『自虐の詩』などがあります。待機作としては、『魍魎の匣』、『チーム・バチスタの栄光』、『隠し砦の三悪人』、『歩いても 歩いても』などがあります。
アニメーション映画やOVAの『真救世主伝説 北斗の拳』シリーズで声優としてケンシロウ役を担当しています。