新参者 (阿部寛さん)

abe04
阿部寛さんは、TBS系列にて毎週日曜夜9時から放送されている日曜劇場『新参者』に加賀恭一郎 役で出演しています。
先日は「第一章 煎餅屋の娘」が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
東京・日本橋人形町に引っ越してきて間もない翻訳家・三井峯子(原田美枝子さん)が絞殺される。練馬署から日本橋署に着任したばかりの“新参者”刑事・加賀恭一郎(阿部寛さん)は、従兄弟で警視庁捜査一課の刑事・松宮脩平(溝端淳平さん)とともに捜査に加わる。
殺害現場である峯子の部屋では、テーブルの上に人形焼、床には峯子の物でないボタン、そして保険営業マンの田倉慎一(香川照之さん)の名刺が落ちていた。
参考人として日本橋署へ呼ばれた田倉には明確なアリバイがなく、事情聴取した加賀は、犯行を否認する田倉が何かを隠していると察知。それを解き明かすために、事件当時、田倉に会っていたという人形町の煎餅屋「あまから」の祖母・上川聡子(市原悦子さん)と孫娘・菜穂(杏さん)たちに話を聞くのだった…。

原作は東野圭吾さんの同名推理小説で、加賀恭一郎シリーズの第8作目にあたります。
私は、てっきり1話ごとに殺人事件が起きて解決していくものと思っていましたが、違いました。今回起きた殺人事件に直接的には関係のない周辺人物の小さな謎をそれぞれの章で解いていく上で、徐々に点が線となって本来の事件解決が浮かび上がっていくという構成で、いわば今回の殺人事件を縦軸、日本橋・人形町の人間模様を横軸に展開していくようです。鋭い洞察力を持つ加賀が謎を紐解く上で浮き彫りになる人間の“本心”にも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク