救命病棟24時 第5シリーズ (松嶋菜々子さん)

matsushima05
松嶋菜々子さんは、フジテレビ系列の毎週木曜夜9時枠にて放送されている連続ドラマ『救命病棟24時(第5シリーズ)』に小島楓 役で出演しています。
一昨日は第8話が放送されました。
●あらすじと感想
若くして海南医大高度救命救急センターの医局長に就任した小島楓(松嶋菜々子さん)は、スタッフを増員して充実した医療体制を整えた実績を買われたことがきっかけで、24時間体制の全科救急診療(ER)を備えた国立湊大学付属病院救命救急センターの医局長として迎えられた。楓は院長・最上透(段田安則さん)から、脳死判定による臓器提供の実績を上げることを命じられて苦悩する。1人の臓器提供者も出せない楓に業を煮やした病院幹部たちは、臓器提供のスペシャリストと呼ばれる夏目衛(時任三郎さん)を迎えることに決める。
楓は、夏目のアドバイスもあり、個性の強い救命医や看護師たちを徐々にまとめ上げていく。そんな中、自身の甥・夕(山崎光さん)の死と彼の臓器の提供というあまりにも過酷な現場に直面して苦しみ悩んだ楓は辞職まで考えるが、最上院長に引き止められる。そして、夏目や前期研修医の猿田勇(渡部秀さん)をはじめとする様々な人の思いを知った楓は、もう一度頑張ろうと決意するのだった…。

前の病院を辞める時、実は医療と縁を切るつもりだった夏目。でもそんな夏目が最上院長に誘われて国立湊大学付属病院救命救急センターに来たのは、医局長の名前を聞いたからでした。夏目は研修医時代に、山で足を滑らして倒れていた少女を助けたことがあり、その少女は「大きくなったら、お医者さんになる」と言っていました。その時、初めて任された患者が亡くなって、自分の無力さを痛感して落ち込んでいた夏目は、少女のその言葉に救われて医者になれたとのことです。そしてその少女こそ、小島楓だったのです。あの時医者になると言った少女が、今どんな医者になっているのか、自分の目で確かめたかったのと、もし力になれるのであれば、あの時の恩返しができると思ったから、夏目は医療と縁を切るのをやめ、救命救急センターに来たのです。
“命を救う”仕事と“命を看取る”仕事、一見相反するように思える2つの救命の間で、楓は今後も葛藤していくかもしれません。でも、楓はできることがある限り、決して諦めずに努力していくことでしょう。そしてそんな楓の背中を見て、救命医や看護師たちも成長していくに違いありません。
救命医・本庄雅晴(佐々木蔵之介さん)は失明の危機のようです。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク