SPEC~結~ 漸ノ篇 (戸田恵梨香さん & 加瀬亮さん)

toda15
kase03
映画『SPEC~結~ 漸ノ篇』は、 TBSのテレビドラマ『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』の劇場版で、前作の映画『劇場版 SPEC~天~』に続く作品であり、シリーズの完結篇の前篇です。
戸田恵梨香さんは当麻紗綾 役で、加瀬亮さんは瀬文焚流 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと結末を含めた感想(ネタバレ注意)
瀬文焚流(加瀬亮さん)は全治3カ月の重傷で警察病院に入院していたが、当麻紗綾(戸田恵梨香さん)の挑発に乗って現場に復帰する。それは同じく重傷を負ったはずの青池里子(栗山千明さん)が娘の潤(森山樹さん)と共に病院を抜け出して行方不明であると聞かされたせいでもあった。実は潤は里子のお腹を借りて生まれただけで、実の子どもではないようだ。大人の姿に変化した潤(大島優子さん)は、恩返しにと不思議な力で里子の傷を治し、里子を操るようにして病院から連れ出したのだ。里子はカラスの群れがいる謎の部屋に閉じ込められた。里子が「あなたたちは何を企んでいる?」と尋ねると、潤は「返してもらうだけよ」と答え、それが何かを聞かれても「今にわかる」と言うだけだった。
一方、ある国際会議の席上では、“卑弥呼”と名乗る日本代表者が反乱を起こしていた。自国のスペックホルダーを密かにかくまっておきながら、他国のスペックホルダーはせん滅するというやり方に異議を唱え、シンプルプランの即刻中止・放棄を要求したのだ。各国の代表者たちはそれを拒否。そこで卑弥呼は手をかざして代表者たちを消滅させ、1人だけ生き証人として残して、自らも姿を消した。
当麻たちが里子と潤の行方をつかめない中、未詳の係長・野々村光太郎(竜雷太さん)は、正汽雅(有村架純さん)とハワイで結婚式を挙げると称し、部下たちに万一の場合用にと「引継書」を渡して休暇を取る。野々村が極秘の任務を遂行中であると悟っていた雅は「刑事としてなすべきことを済ませたら、生きて私の元へ帰って来てください」と野々村を送り出して、ハワイでその帰りを待つことにする。野々村は「老兵は死なず、生きて生きて生き抜くのみ」と決意を新たにする。
そんな中、当麻の亡き父・天の後輩の湯田秀樹(遠藤憲一さん)が当麻家を訪れる。瀬文と一緒に自宅に戻った当麻は湯田に父のことを尋ねる。表向きは“はやぶさ”に関わっていたが、実はパラレルワールドの研究をしていた天(佐野元春さん)は、地球の地層を研究してそれを証明するものをつかんだらしい。世界の歴史を設計してきた選民階級からなる秘密結社のメンバー・プロフェッサーJに協力を求められたが、天はそれを断り、消されてしまった。プロフェッサーJは究極のマッドサイエンティストで、ニノマエ(神木隆之介さん)のクローンを作ったのもプロフェッサーJの仕業だったのだ。そんな話の最中に、ビールを買いに出た当麻の祖母・葉子(大森暁美さん)がなぜか爆弾を手に戻って来るのだった…。

ファティマ第3の予言が示唆するように、「スペックを持つ者」と「持たざる者」、野々村や瀬文が言うところの「人間の可能性を信じる者」と「閉ざそうとする者」との人種間戦争が激化してきました。
どうやら地球自体が意志を持った“ガイア”と呼ばれる生き物で、そのガイアが人類を進化せてスペックホルダーを生み出したようです。
シンプルプランの中身は、スペックホルダーを壊滅させる“ウィルス”でした。シンプルプランの日本持ち込み阻止が野々村の任務だったのです。当麻という1人の餃子臭い仲間の命を心配して単独行動をとった野々村は、ウィルス絡みの利権を独占しようとする他国のスパイによって命を奪われました。その後スペックホルダーに肉体を利用されますが、「肉体は死すとも刑事魂は死なず!」と、仲間たちを守るために一時的に意識を取り戻す野々村の最期が感動的でした。吉川州(北村一輝さん)が言うようにまさに「21世紀の武蔵坊弁慶」でした。
野々村の努力むなしく、当麻の目の前でシンプルプランは発動してしまいました。セカイ(向井理さん)や潤の言うように、予定通り当麻は死に至ってしまうのでしょうか。そして人類の未来はどうなってしまうのでしょうか。当麻たちが野々村から引き継いだ“刑事魂”や“ダメもと”の精神で奇跡をつかみ、人類を救ってくれることを期待します。後篇となる映画『SPEC~結~ 爻ノ篇』は、11月29日公開予定です。

スポンサーリンク