SPEC~天~ (神木隆之介さん)

kamiki05
神木隆之介さんは、『SPEC(スペック)~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』シリーズに一十一(ニノマエ ジュウイチ)役で出演しています。
『劇場版 SPEC~天~』は、テレビシリーズの続編で、監督はドラマに引き続き堤幸彦さんが務めています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと結末を含めた感想(ネタバレ注意)
ある日、海上のクルーザーから大量のミイラ化した遺体が発見された。
一方、相変わらずくだらないことでケンカの絶えない“未詳(ミショウ)”の当麻紗綾(戸田恵梨香さん)と瀬文焚流(加瀬亮さん)。そんな彼らのもとに、警視総監・似内晶(麿赤兒さん)と内閣情報調査官・福富薫(利重剛さん)がやって来る。2人からミイラ化した遺体の事件を聞いた当麻たちは、何の痕跡も残さず、手口も不可解なことから、以前に殉職した未詳の仲間・吉川州(北村一輝さん)と同様にスペックホルダーの仕業であるとにらむ。すると2人の様子がおかしくなり、“御前会議”によって決定された“シンプルプラン”を中止するよう警告する。御前会議とは、古くから日本の政治を陰で操ってきた世襲制による組織の会合のことだ。どうやら2人は何者かに憑依されていたらしい。当麻は正気に返った2人から、シンプルプランがスペックホルダー抹殺計画のことであることを訊き出す。そして危険を感じた未詳のメンバーは、本格的に捜査を開始する。
捜査中の当麻と瀬文のもとに志村美鈴(福田沙紀さん)から助けを求める電話が入る。美鈴は御前会議が進めるシンプルプランに関する陰謀を偶然知ってしまい、それを聞きつけた内閣情報調査室(CIRO)の特務班たちから追われていたのだ。特務班の1人は瀬文の元恋人・青池里子(栗山千明さん)で、美鈴を助けに来た瀬文は、思わぬ再会を果たす。それから瀬文は、青池に一人娘の潤(森山樹さん)がいることを知って自分の子ではないかと疑う。係長待遇・野々村光太郎(竜雷太さん)の提案で美鈴はとりあえず未詳がかくまうことになった。
そんな中、当麻たちの前に死んだはずのニノマエ(神木隆之介さん)が現れる。ニノマエは、死者を装っていた理由を説明し、姉・当麻に自分たちの組織へ入るよう誘う。警察を「体制を守る体のいいヤクザ」と表現するニノマエに対し、当麻は「人は人。人の道はおのずと決まってる」として誘いを断る。ニノマエは以前よりスカウトしていた美鈴と一緒にその場を立ち去る。美鈴は去り際に当麻に向かって「“ファティマ第三の予言”は絶対に阻止して」と言い残す。
御前会議に訪れるニノマエだが、その場にいるメンバーはニノマエに向かって「バケモノとは手を組まないと決定した」と言い放つ。ニノマエたちはそのメンバーたちがダミーであることを承知で殺害し、犯行声明を発表するのだった…。

当麻の大好物といえば餃子ですが、本作では餃子の模型や“流し茹で餃子”なるものが登場して、ファンを楽しませてくれます。小ネタも満載で、古いネタを使ったギャグに関しては賛否両論あるところのようですが、気がついて楽しめた者勝ちといったところでしょう。
瀬文はドラマよりもテンションの高いシーンが多く、当麻との絶妙な切れキャラバトルも見どころの1つと言えるでしょう。それにしても、瀬文の不死身の肉体は、もはやスペックじゃないと説明がつきません。そんな瀬文が当麻に対して言った「スペックなんて人間にはいらん。進歩や進化より大切なことがある。それは人の“思い”だ。おまえの抱えてる思い・痛みは、おまえだけのものじゃねぇ。俺も共に抱えて生きていく。おまえが再びスペックホルダーの道を進もうが凡人として生きようが、おまえはおまえだ。俺にとってそれは絶対変わらない。それが俺の思いだ」という言葉が印象的でした。
そんな瀬文と当麻を温かく見守る野々村のカッコいいセリフも健在で、ここぞという時に締めてくれます。野々村の「我々のなすべきことは歴史を正しく導くことだと私は思っている。生きて生きて、ささやかな一身を歴史のために賭す。それが公務員の大儀だよ」や、「心臓が息の根を止めるまで真実を求めてひた走れ。そこにしか、刑事たる我々の存在意義はないのだ」といった言葉が印象的でした。これぞまさに“刑事魂”です。
新たなスペックホルダーであるマダム陽&陰(浅野ゆう子さん)と伊藤淳史(伊藤淳史さん)、さらに瀬文の元恋人・青池もいい味を出していました。青池と同じ特務班の宮野珠紀(三浦貴大さん)は、野々村が隠し持っていたゴエティアのパーツのデータ書き換えを密かに行っていましたが、それが何を意味するのかは明かされませんでした。
テレビシリーズの最後に登場したニノマエは召喚されたわけではなく、当麻を助けるために出てきたのであって、実は死者を装って身を隠していたという説明は納得のいくものでしたが、当麻が暴いた真実は違いました。今回登場したニノマエは、陽太(=ニノマエ)の死体のDNAを使って作られたクローン人間だったのです。そんなクローンのニノマエに向かって当麻が言った「スペックを使って何を手に入れても、幸せには繋がらない」という言葉が印象的でした。
当麻の作戦のもと、未詳のメンバー、公安零課の津田助広(椎名桔平さん)たち、“ザコキャラ”馬鹿猪こと捜査一課の馬場香(岡田浩暉さん)・鹿浜歩(松澤一之さん)・猪俣宗次(載寧龍二さん)たちが一丸となって、クローンのニノマエを倒すことができました。でも、そのクローン人間を作った本当の敵というべき相手は明かされませんでした。今回のクローンのニノマエの暴走は、どうやら御前会議のメンバーの誰かが世界を二分するテロを企てていたことが影響したようですが、クローン作りそのものに関与していたかどうかは不明です。ニノマエのクローンは他にも数人存在していましたが、謎の白い服の青年(向井理さん)があっという間に消してしまいました。その青年は青池の娘・潤を連れて去っていきましたが、青年の正体と潤のスペックが何なのかも不明です。
冒頭と最後に2014年の荒野と化した東京が映し出されました。仁義なき覇権争いの成れの果てということでしょうか。いろんな謎を残したまま物語はひとまず幕を閉じました。今回、「人がどんなに封じようと、時の修正力には逆らえない」ということで、当麻のスペックが自分の意思とは関係なく復活の兆しを見せました。シンプルプランを成す5つのパーツの1つ、ゴエティア。“ファティマ第三の予言”など、なんだか話が壮大になりすぎている気もしますが、きちんと完結させてほしいものです。

スポンサーリンク