神様のカルテ (櫻井翔さん & 宮崎あおいさん)

sakurai07
miyazaki04
映画『神様のカルテ』は、医師でもある夏川草介さんの同名小説を、『白夜行』の深川栄洋監督が映画化した作品です。青年漫画雑誌『ビッグコミック』で漫画化もされました。
嵐の櫻井翔さんは栗原一止 役で、宮崎あおいさんは栗原榛名 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想
長野県松本市にある本庄病院に勤務する内科医・栗原一止(櫻井翔さん)は、寝る間もないほどの忙しさで働いている。本庄病院は地域医療の一端を担い、24時間365日という看板を掲げているからだ。特に一止が夜間の救急外来の当直だとなぜか患者が多く、看護師たちは「引きの栗原」と呼んでいる。
ある日、一止は研修で信濃大学医局に出かけ、胆のうガンの患者・安曇雪乃(加賀まりこさん)と出会う。安曇のガンはすでに末期で、手術もできない状態になっていた。
一止は、研修中に信濃大学消化器内科教授・高山秀一郎(西岡徳馬さん)に見込まれて、医局に誘われる。大学病院の先端医療に感銘を受けた一止は、心が揺れる。
そんな中、大学病院から手の施しようがないと見放された患者・安曇が、一止のいる本庄病院にやって来るのだった…。

夏目漱石と妻をこよなく愛する内科医・一止が、友人、同僚、上司、患者、そして愛する妻・ハルこと榛名(宮崎あおいさん)の支えで、一人の医師として、一人の人間として成長していく姿を描いた作品です。
一止は仕事では、有能で手厳しい救急外来看護師長・外村静枝(吉瀬美智子さん)、同期で冷静沈着な病棟主任看護師・東西直美(池脇千鶴さん)、純粋な新人看護師・水無陽子(朝倉あきさん)、クールな外科医・砂山次郎(要潤さん)、曲者上司・貫田誠太郎(柄本明さん)に支えられ、私生活では、同じアパート“御嶽荘”に住む、絵の描けない画家・男爵(原田泰造さん)、博学な青年・学士(岡田義徳さん)、そして最愛の妻・ハルに支えられています。そんな彼らの心の繋がり、絆が印象的でした。特にハルが愛と優しさに溢れた言動で一止を癒し、支えていたのが良かったです。
そしてメインはやはり患者・安曇との触れ合いです。一止は安曇と向き合う中で、自分が医師として、さらには人間としてどうあるべきかということを見つめ直します。一止は悩みながらも、寄り添うことで安曇の心を救いました。安曇は、一止たちのおかげで人生の最期が温かく照らされ、生きていることが楽しいと思える時間を過ごすことができたのです。一止もまた安曇の手紙により心が救われました。タイトルである“神様のカルテ”の意味も手紙で明かされ、感動的でした。
ある決断を下した一止は、これからも激務が続くのかもしれません。でも、ハルたちがいれば一止は大丈夫でしょう。人は支え合って生きているからです。

スポンサーリンク