妖怪人間ベム (杏さん)

anne03
杏さんは、日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されている連続ドラマ『妖怪人間ベム』にベラ役で出演しています。
一昨日は第6話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
刑事・夏目章規(北村一輝さん)は、ベム(亀梨和也さん)、ベラ(杏さん)、ベロ(鈴木福さん)の本当の姿を知った上で、人間になる方法を一緒に探す。そんな中、夏目刑事のもとに暴行事件が起きたとの連絡が入る。
その矢先、ベラはふとしたきっかけで大久保一(田中哲司さん)という男性と出会う。ベラは、臆病で不器用ながら純朴で心優しい大久保のことが気になり始める。夏目刑事も暴行事件の聞き込みの際に大久保と出会う。名前と火傷の痕で夏目刑事はぴんと来る。大久保は5年前に起きた夏目の息子が死亡した爆発事件に巻き込まれた一人だった…。

今回はベラの恋が描かれました。夏目家や緒方家で恋について聞いて回り、ようやく自分の今の気持ちが恋であると認めたベラ。そんなベラが大久保に「ありがとう。こんな気持ちにさせてくれたあんたにお礼が言いたかった」と話す場面が印象的でした。
ベラの言葉に心を動かされ、5年前の爆発事件は自分のせいで起きたのだと自首するために警察に足を運ぶ大久保でしたが、またしても謎の男(柄本明さん)が現れ、大久保の目に奇怪な緑色の液体を送り込みます。例によって大久保は暴走し、ベラにまで危害を加えますが、ベムたちのおかげで警察に捕まりました。今回は夏目やベラのこともあって、ベムがいつも以上に怒りをあらわにしてやり過ぎそうになり、ベラに制止されるという一幕もありました。ベラは「誰かを好きになるって気持ちは案外嬉しいものだったよ」と言って吹っ切れた様子。やはりベラはいい意味で男前です。
5年前の爆発事件の事実を知ってショックを受ける夏目でしたが、例の謎の男が現れ、「あれがもし誰かに仕組まれたことだとしたら…」と言い残して去っていきました。事件の真相が気になりますし、そのうち夏目も緑色の液体の犠牲者になるのではないかと心配です。
一方、大久保の涙を浴びてベロの皮膚が一瞬人間に変わったことから、ベロとベラは「人間に変わる涙は、悪い人の涙である」と確信して希望を持ちます。今後の展開も楽しみです。

スポンサーリンク