相棒season8 (川原和久さん)

kawahara02
川原和久さんは、毎週水曜夜9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『相棒 Season8』に伊丹憲一 役で出演しています。
一昨日は第15話「狙われた刑事」が放送されました。
●あらすじと感想
今回は捜査一課の伊丹憲一(川原和久さん)が10年前の殺人事件関係者から命を狙われて、特命係の杉下右京(水谷豊さん)と神戸尊(及川光博さん)が警護することになって、真実にたどり着くというお話でした。
右京さんの観察力、推理力、洞察力等が相変わらず凄かったですし、事件の原因となった10年前の強引な取り調べを思い悩みながらも、過去と正面から向き合い、相手に対して心から謝罪をする伊丹はカッコ良かったです。過去の行動を悔やんでいる伊丹に、自分の過去の失敗の話をして慰めようとする尊が印象的でしたし、右京さんによって実はそれは作り話だったということが視聴者に明かされるオチもよくできていると思いました。登場人物の魅力もさることながら、やはり一番印象的だったのは、事件がもたらした関係者への影響です。殺人事件が起きたサークルに所属していた人でも、今では社会的地位のある仕事についていて当時のことを他人事のように話す元・準幹部たちがいたり、10年前に事件の証言をしたばかりに不幸続きのようになってしまった元・平会員がいたり、伊丹を逆恨みし前述の元・平会員を利用して復讐を成し遂げようとした元・準幹部がいたりと、自業自得な側面はあるものの、世の中の不条理を感じさせるような展開でした。

スポンサーリンク