JIN-仁- (内野聖陽さん)

uchino05
内野聖陽さんは、TBS系列にて毎週日曜夜9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に坂本龍馬 役で出演しています。
一昨日は第10話が放送されました。
●あらすじと感想
野風(中谷美紀さん)には身請け話、橘咲(綾瀬はるかさん)には縁談話がきていました。野風の身請け話の行方が、恋人・友永未来(中谷美紀さん)の存在に関わると考えた仁は、野風に乳がんの疑いがあったにもかかわらず「異常なし」と診断。実は野風自身、胸にしこりを感じていて、病気が見つかって身請け話が御破算になることを期待して、仁に最後の診察を希望したのです。そんな野風の気持ちと、仁の、恋人・未来のためなら鬼にもなろうという気持ちを知った咲は、いつまで待っても自分の出る幕はないと、縁談を進めるよう母・栄(麻生祐未さん)にお願いしました。一方、咲の自分への想いを知った仁は、咲を傷つけていたことを悔やみ、これ以上迷惑をかけないようにと、橘家を出て診療所をペニシリンの製造所に移しました。
そんな中、坂本龍馬(内野聖陽さん)は仁を連れて、長州の攘夷派・久坂玄瑞(林泰文さん)と面会。龍馬は仁に実演してもらい、ペニシリンの効果を久坂に知らしめた上で、幕府相手の負け戦をやるぐらいなら、自分と一緒に外国相手にペニシリンで商売して、その金で世界一の海軍を作って、世界に乗り出そうと提案しました。その帰り、龍馬は刺客に襲われました。仁にも謎の頭痛が起こります。仁は頭痛に耐えながら龍馬を助けようとして、龍馬とともに崖から落ちてしまいました。仁は川から姿を現しましたが、龍馬の姿が見えません。
次はいよいよ最終回。どのような結末を迎えるのか、とても気になります。

スポンサーリンク