ナサケの女 (米倉涼子さん)

yonekura04
米倉涼子さんは、毎週木曜夜9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『ナサケの女~国税局査察官~』に松平松子 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
西伊豆の税務署員・松平松子(米倉涼子さん)は、卓越した摘発力と直観力を買われ、ホンテンこと東京国税局へ異動になる。東京に着いた松子が向かった先は、ホストクラブ「フィナーレ」。ゴージャスなドレスと装飾品に身を包んだ松子は、ナンバーワンホスト・愛川リュウジ(金児憲史さん)に接触する。実は東京国税局・査察部は査察部長・新田新次郎(柳葉敏郎さん)の指揮の下、巨額脱税容疑に対する強制調査の準備を進めていて、それを知った松子は単独で内偵に乗り出していたのだ。
数日後、1億3000万の脱税が見込まれる株式会社フィナーレに対して強制調査が行われた。社長・倉田順(半海一晃さん)の自宅、愛人宅、ホストクラブなどでガサ(強制調査)に入った査察官たちは、次々と脱税の証拠となる札束や通帳、印鑑を発見し押収することに成功する。そんな中、ナンバーワンホスト・愛川宅のガサに入った査察官の1人・三木航介(塚本高史さん)が見つけたのは、脱税の証拠ではなく妙な女性だ。それは、愛川を内偵していた松子だった…。

本作は、東京国税局・査察部・情報部門(通称ナサケ)に配属された査察官・松子が、“奇麗な金”と“汚い金”を見極めて、悪質な脱税者の実態を情け容赦なく暴き出す物語のようです。
第1話の脱税者は、ナンバーワンホスト・愛川の名義を使って銀行口座を開き、FXの取引をして莫大な利益を隠匿した主婦・谷口由香(菊池桃子さん)でした。由香は愛川に貢いでだまされているふりをして、逆に愛川をだまして隠れみのにしていたのです。松子に実態を暴かれた由香は「税金払ったって、国や政治家がガンガン無駄遣いするんじゃないの? 冗談じゃないわよ!」と逆ギレします。それに対し松子は「それを一番言ってやりたいのは、税金を集めてる私たちなんだよ」と答えました。松子にもいろいろと感じるところはあるようです。
由香は、所得税法違反で、追徴金5億5千万円、延滞税約1億円、住民税約1億円の計約7億5千万円を支払うことになり、さらにその後の裁判で懲役3年6ヶ月、罰金1億円の判決が下されました。
今後も松子の活躍が楽しみです。

スポンサーリンク