HUNTER 最終回 (米倉涼子さん)

yonekura05
米倉涼子さんは、フジテレビ系列にて毎週火曜夜10時から放送されていた連続ドラマ『HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~』に井坂黎 役で出演しました。
一昨日は最終回(第10話)が放送されました。
●あらすじと感想
きっかけは井坂黎(米倉涼子さん)が妹・茜(山口紗弥加さん)を探すために言いだしたバウンティハンター(=賞金稼ぎ)。和久井和美(堀内敬子さん)はお金目当てで、本村純(桐谷美玲さん)は刺激が欲しくて、
岸本咲子(戸田恵子さん)は仲間が欲しくて、一緒にバウンティ・ハンターチームを結成しました。
しかし、彼女たちは変わりました。「正義の味方気取り?いいじゃない大いに気取ろうよ。正義ってよく分からないけど、お金や欲望のために人の命をないがしろにするのは絶対正義じゃない。組織を守るために無実の人間を犯罪者に仕立てるのも絶対正義じゃない」と、黎たちは茜とともに彼女に殺人容疑がかかっている事件の真犯人・宮川篤(梶原善さん)と対決しました。
宮川は警察幹部の天下り先として有力な警備会社とテレビ局とのつながりが強く、黎たちは警察もテレビも頼れません。それどころか警察はいわば“空気”という暗黙の了解のもと宮川を守ろうと茜を犯人に仕立て上げた張本人なのです。そこで黎たちがとった行動は、いわば“毒を以て毒を制す”方法でした。自分たちは何もしないくせに上から目線で他人のプライバシーを覗き見しているような連中が多くいるネットに事件の情報を載せて、宮川に事件の真相を直接問いただして、その様子をネットにリアルタイムで動画配信しました。しかし、決定的な証拠はなく、そのことを宮川に突っ込まれて黎たちは窮地に立たされます。
一方、黎たちに触発されてか、刑事としての正義を貫くために、警視庁の権藤猛(谷原章介さん)と寺島吾郎(小泉孝太郎さん)はある事実を暴きました。茜に関する証拠を捏造し、さらに彼女を自殺に追い込むよう指示を出したのが、警視庁刑事部部長の佐貫(中原丈雄さん)であるということを突き止めたのです。権藤たちは佐貫に直接そのことを問いただし、宮川の逮捕状を手配することと、佐貫のことを警察庁の監察官に告発することを宣言しました。
黎たちと宮川のもとに警察がやって来ました。逮捕されたのはもちろん宮川でした。そして、普通の生活が戻ってきました。和美や純は以前より正義感が強くなったようです。警察は守りきれないと判断して切り捨てたのか、刑事部長の佐貫は更迭されたようです。警察を見限った権藤は辞表を出しました。茜は娘・春(川島鈴遥さん)と仲良く店を切り盛りし、黎は茜たちのもとを離れ、元の一人暮らしの生活に戻りました。ようやく落ち着けると思っていた黎ですが、和美と純と咲子が家に押しかけてきます。にぎやかな4人の交流は続いていくのでしょう…。

“正義”って言葉が恥ずかしく感じるのは、みんなが心の中に持っている当たり前のことだからで、ずっと心の中にしまいこんだりせず、時々言葉にして行動に移さないといけないという黎の言葉が印象的でした。全体的には雑な作りに感じられましたが、黎たちの奮闘ぶりが面白かったです。

スポンサーリンク