キイナ (菅野美穂さん)

kanno04
菅野美穂さんは、毎週水曜夜10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『キイナ~不可能犯罪捜査官~』に春瀬キイナ 役で出演しています。
今週は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
春瀬キイナ(菅野美穂さん)は、事件かどうかも分からないような不思議な事件を捜査する通称「ベッパン」と呼ばれる強行犯係・特別班に所属する刑事である。キャリアの新人刑事・山崎尊(平岡祐太さん)は、憧れの捜査一課に着任して喜ぶのもつかの間、捜査一課の中でも、キイナ一人しかいない特別班に配属。その捜査の対象を知りがっかりする。
キイナは、情報管理担当・遠藤桜(小池栄子さん)から、夢で殺人現場を目撃したという女性・幸田絢香(白石美帆さん)が来ているとの連絡を受け、尊とともに絢香の話を聞く。絢香は半年前に心臓移植手術をして以来、その心臓の元の持ち主が殺される夢を何度も見るようになったという。しかも、それまで嫌いだったハンバーグが好きになったり、なぜか知らないアニメソングを歌ったり、“パラッチョ”という合言葉のような変な言葉を言うようになったのだという。「この心臓を助けてあげてほしい」という絢香の言葉を信じて、キイナは捜査を開始。尊も嫌々ながら捜査に同行するのだった…。

このドラマで扱われる事件は、同局のバラエティ番組『特命リサーチ200X』や『ザ!世界仰天ニュース』で取り上げられた事実がベースとなっているそうです。一見、信じられない不可思議な事件にも、そこにはなんらかの理由があるというのが興味深いです。
キイナは、甘いものが大好きで、恋愛に悩んだりもするどこにでもいそうな女性ですが、瞬間記憶能力を持ち、数秒で捜査資料を速読することができたり、女性ならではの観察眼とひらめきの力を持っています。キイナがそれらの力を発揮して、怪奇現象のような事件を解き明かしていくのも楽しみですし、キイナの元彼で科学捜査研究所の技官・工藤真一郎(塚地武雅さん)をはじめとする周りの人物との絡みも面白そうです。

スポンサーリンク