薔薇のない花屋 (寺島進さん)

terajima
寺島進さんは、毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『薔薇のない花屋』に四条健吾 役で出演しています。
今週は第7話が放送されました。
●あらすじと感想
安西輝夫(三浦友和さん)は弁護士・林久則(小市慢太郎さん)に依頼して、雫(八木優希さん)の親権裁判の準備を進める。
しかし、汐見英治(香取慎吾さん)は雫と菱田桂子(池内淳子さん)を安西の家で暮らせるように頼み、自分は身を引いて裁判を回避するつもりだ。
工藤直哉(松田翔太さん)の借金は、大学の遊び仲間に自分が大病院の息子であると偽り、生活レベルを合わせたりおごったりするうちにできたものだった。しかし、ひょんなことから実はその遊び仲間は直哉の嘘に気付いていて、貧乏人なのを知ってておごらせていたことを知る。失意のどん底に陥った直哉は、なりふりかまわず、白戸美桜(竹内結子さん)のアパートに押し入り、美桜をナイフで脅しながら美桜が英治から受け取った金を奪い取る。直哉が逃げ出す時、菱田桂子(池内淳子さん)から美桜の目のことを打ち明けられた小野優貴先生(釈由美子さん)がアパートをちょうど訪れ、鉢合わせしてお互い驚くが、直哉はそのまま逃げてしまう。
次の日、美桜は優貴先生に自分のことや直哉のことを告白し、英治が実はすでに自分の正体を分かっていて問い詰めていないことを優貴先生に聞かされ驚く。
そして、美桜はひょんなことからさらに驚愕の事実を知る。雫の母親のビデオレターで発覚したその事実とは、英治がそのビデオを撮影していた友人であったということ。すなわち、彼女(本仮屋ユイカさん)がビデオレターで“君(きみ)”と呼んでいた恋人は英治のことではなかったのだ…。

これからも一緒にいたいと懇願する雫を思わず叩いてしまった英治は、ひどく後悔します。雫が生まれた時に「絶対に暴力は振るわない。大きな声で叱ったりしない」という誓いを立てた英治の脳裏には、子どもの頃、虐待を受けていたという自らの暗い過去がよぎったのでしょう。四条健吾(寺島進さん)はそんな英治に対し、完璧な人間はいない。やらかしたものは後で謝ればいい。時にはダメなところを見せてもいい。それが教育というものかもしれないという風なことを言って励まします。その後に、今言った素晴らしいセリフを小野先生に伝えるようにと英治に指示したのは、単なる照れ隠しなのでしょうか。
アルコール中毒のためなのか手が震えてしまって手術もままならない安西。予定されているであろう美桜の父・平川辰巳(尾藤イサオさん)の手術はどうなってしまうのでしょうか。
ついに明かされた彼女(本仮屋ユイカさん)の恋人は英治ではなかったという事実。ということは、英治は雫の父親ではないということでしょうね。雫の本当の父親は、今どこで何をしているのかが気になるところです。