億男 (佐藤健さん)

satohtakeru14
映画『億男 MILLION DOLLAR MAN』は、川村元気さんによる同名小説を実写映画化した作品です。『3月のライオン(前編/後編)』などの大友啓史監督がメガホンを取っています。
佐藤健さんは一男 役で出演しています。
昨日、劇場に観に行きました。以下ネタバレ注意です。
失踪した兄が残した借金3000万円を肩代わりすることになった一男(佐藤健さん)。昼は図書館司書、夜はパン工場で働く二重生活を送り、妻子ともバラバラの生活を余儀なくされていますが、ひょんなことから手に入れた宝くじで3億円が当選します。これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を取り戻すことができると喜ぶ一男ですが、高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を読んで不安になります。そこで、起業して億万長者となった学生時代の友人・九十九(高橋一生さん)からアドバイスをもらうために11年ぶりに再会しました。九十九のアドバイスに従って銀行から全額下ろして、お金のことを理解するために言われるがままド派手なパーティを開催した一男。しかし、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円と共に姿を消していました。
一男はパーティに参加していたあきら(池田エライザさん)の協力を得て、九十九を探すために、かつて九十九と共に会社「バイカム」を運営していた億万長者たちを訪ねることになりました。ギャンブル好きの実業家・百瀬(北村一輝さん)、怪しいイベントを主催する教祖・千住(藤原竜也さん)、公営団地で質素に暮らす一見地味な専業主婦・十和子(沢尻エリカさん)の3人です。全員がクセ者揃いで一男は困惑します。
自分の能力で得たわけじゃない大金は持ち逃げされるくらいがちょうどいいという百瀬の考え方も印象的でしたし、人類は皆生まれながらにしてお金を崇める宗教に入ってしまうという千住の言葉も印象的でした。お金のことばかり考える生活にうんざりして、お金があること自体に安心感を覚え、使わずに隠してお金に包まれて暮らす十和子の姿にも考えさせられました。
一男の妻・万左子(黒木華さん)は一男に「借金生活の間、昼も夜もお金のことを考えているうちに、お金があなたの中に棲みついて“生きるための欲”を奪っていったのよ」と言います。そう、前述の元「バイカム」の人たちは億万長者になって変わってしまいましたが、一男もまた、宝くじで当選する以前から借金によって変わってしまっていたのです。お金が呼び寄せた“欲”によって変わってしまった億万長者たちと、お金に“欲”を奪われたことによって変わってしまった一男。どちらもお金によって変わってしまった点は一緒だったのです。
九十九がモロッコにて一男の前で砂漠の落語会をやる場面も印象的でした。本作の出来事が九十九の十八番である落語「芝浜」が関係しているのもよくできていると思いました。そして九十九の「お金の重さは常に1グラムだ。使う人が重くも軽くもする。お金を変えるのは人なんだ」といったセリフも心に響きました。