GOLD (反町隆史さん)

sorimachi02
反町隆史さんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『GOLD』(ゴールド)に蓮見丈治 役で出演しています。
昨日は第10話が放送されました。
●あらすじと感想
早乙女悠里(天海祐希さん)は、蓮見丈治(反町隆史さん)や辰也(寺島進さん)の反対を押し切って、心臓に疾患を持っていると知りながら、祈るような思いで、次男・廉(矢野聖人さん)の文字通り命をかけた挑戦を見守りました。辰也は、自分なりに覚悟を決めてきたと言って悠里に離婚届を手渡します。もうこれ以上悠里についていけないと告げた新倉リカ(長澤まさみさん)は、退社を申し出てくれてちょうど良かったと悠里に冷たく突き放されてしまいました。
実は悠里は廉に金メダルを期待していたのではなく、競泳の代表選考会に挑もうとする廉の姿が、長男・洸(松坂桃李さん)の魂を奮い立たせてくれると信じていたのです。悠里の思いは通じ、選考会場に洸が姿を現しました。負けるのが怖くて、自ら道路に飛び出してバイクにはねられ怪我を負った洸でしたが、怪我自体は大したことなかったということでしょうか。運気を上げるタイプの女性・神代麻衣子(南沢奈央さん)のおかげで、洸は精神的にも立ち直ったようです。
丈治は、18歳の引きこもりの息子・勝(水野真典さん)の家庭内暴力に悩んでいた丹羽聖子(エド・はるみさん)に力を貸し、解決の方向に導きました。しかし、そのことで聖子は丈治に好意を抱き始め、下着姿で迫ることまでしてしまいます。丈治が、そういうつもりではなく、悠里のことを考えて力を貸したことを告げると、聖子は悠里と丈治の関係を勘ぐり、怒り出してしまいました。丈治が悠里を引き合いに出して、子どもに対して一貫してぶれないことの大切さを説いたのも聖子の逆鱗に触れたようです。
次回最終回、金メダルや人間関係がどのような結末を迎えるのか気になります。

スポンサーリンク