ドリーム☆アゲイン (反町隆史さん)

sorimachi
反町隆史さんは、毎週土曜夜9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ドリーム☆アゲイン』に主人公・小木駿介 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
あまり打率は良くないが、満塁のチャンスにホームランを打つ“満塁男”として知られるプロ野球選手・小木駿介(反町隆史さん)は、肩の負傷で解雇通告を受けて現役を引退。引退後、中小企業のサラリーマンとして働いていたが、野球をあきらめ切れない小木は、現役復帰を恋人の二ノ宮颯乙(加藤あいさん)に相談するが猛反対されて、けんか別れした直後に落雷事故で死亡。ところが、小木の死は“天国省”のミスと判明。“天国の案内人”田中(児玉清さん)の計らいで、投資ファンド会社社長・朝日奈孝也の体に魂を移してもらい、プロテストへの望みをつなぐ。
株など知らず、ましてや会社経営なんて何もわからない小木は、新しい環境に戸惑うばかり。しかも朝日奈の娘と名乗る14歳の少女・藤本雛(志田未来さん)まで現れて付きまとわれる。
さらに恋人だった颯乙が、朝日奈の会社と敵対する弁護士として小木の目の前に現れるのだった…。

本作は、志半ばで落雷により死亡した元プロ野球選手が、他人の体でよみがえり、夢をかなえようとする姿を描いています。
さすが日本テレビということで、読売巨人軍の原監督たちが出演していました。
児玉さんがクイズ番組『パネルクイズ アタック25』でおなじみのセリフ「その通り!」を言うところが面白かったです。
小木は、自分が朝日奈ではなく小木だということを誰かに話すと死んでしまうことになっているので、恋人だった颯乙にも当然名乗ることはできません。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク