トライアングル (広末涼子さん)

hirosue02
広末涼子さんは、毎週火曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『トライアングル』にサチ 役で出演しています。
一昨日は第4話が放送されました。
●あらすじと感想
・葛城清子(風吹ジュンさん)は、新藤利道(宅麻伸さん)が家に訪れたことをサチ(広末涼子さん)に隠す。しかし、サチは、清子の様子がおかしいことや「南町 スナック“野原”」と店名の入ったライターを見つけたことにより、手紙を狙う男が家に訪れたことを察知する。
・黒木舜(稲垣吾郎さん)は、捜査メモを提供した元刑事・宮部(浅野和之さん)から、25年前、捜査員みんなが顔にアザのある男・新藤を犯人だと思っていたが、警察に引っ張っておきながら黒木信造(北大路欣也さん)は落とせず、逃がしたという話を聞き、ショックを受ける。
・郷田亮二(江口洋介さん)は、25年前の事件の真相を掘り起こされると困る誰かを揺り動かすために、同級生・富岡康志(谷原章介さん)に25年前の事件の真相につながる手紙が存在するという新聞記事を書かせた。
・サチは新藤に電話で呼び出され、サチから連絡を受けた亮二も同行。指定されたビルの最上階に向かう途中、エレベーターが止まり、時限爆弾のようなものが仕掛けられるが、それは偽物だった。どうやら脅しだったようだ。
・いよいよ新藤が怪しいと思った丸山慶太(小日向文世さん)は、情報を求めて宮部を訪ねるが、そこに宮部の元上司でもある信造が現れる。圧力を感じた宮部は口を閉ざしてしまい、丸山は何も聞き出すことができなかった。
・サチは、清子のために志摩野鷹也(堺雅人さん)の申し出を受け入れ、志摩野に提供されたフリースペースで子ども絵画教室の講師の仕事を始める。その無料体験スクールに亮二が来る。清子も来ていて、笑顔で子どもと接していたが、子どもが置いた赤いランドセルを見た清子は様子がおかしくなる。佐智絵の記憶がよみがえったらしい清子は「佐智絵を殺したのは、私よ」と言うのだった…。

今回は、最後に清子の衝撃的な告白があったものの、物語の展開は比較的緩く、その分、登場人物の心情が描かれていたように感じました。サチの姿に葛城佐智絵の姿を重ねている亮二。そんな亮二に惹かれ始めているサチ。また、亮二の妹・唯衣(相武紗季さん)は舜のことを気にかけ、惹かれ始めているかのような描写がありました。
今差し当たり気になるのは、相変わらず不審な行動をする志摩野や信造の真意、清子と新藤の関係です。

スポンサーリンク