CHANGE (平泉成さん & 西村雅彦さん)

hiraizumi
nishimura
毎週月曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『CHANGE』に、平泉成さんは郡司敏夫 役で、西村雅彦さんは百坂哲也 役で出演しています。
一昨日は第6話が放送されました。
●第5話・第6話のあらすじと感想
朝倉啓太(木村拓哉さん)が総理として一生懸命働く姿を目の当たりにして、最初は啓太のことを馬鹿にしていた郡司敏夫(平泉成さん)、百坂哲也(西村雅彦さん)ら秘書官たちは、次第に心を動かされ協力的になりました。
小児科医療の現状を知り、公共事業に力を入れた典型的なばら撒き型の補正予算案を修正し、小児科の先生を増やす対策費用を組み込むことを提案する啓太。百坂の助言のおかげで、啓太は大臣たちに罷免をちらつかせてなんとか全会一致で閣議決定にこぎつけました。ところが、お飾り人形のつもりで啓太を総理にした内閣官房長官・神林正一(寺尾聰さん)は、自分の思い通りにならない啓太のことが面白くないようです。神林は与党の政友党議員を扇動し、内閣予算案審議への欠席を促し、予算成立は厳しい状況になってしまいました。啓太に味方し、予算案に賛成してくれるのは、生方恒男(石黒賢さん)と小野田朝雄(中村敦夫さん)、そして小野田について来てくれる35名の与党議員。それでも予算成立には人数が足りないのです。そこで啓太はなんと自分と意見を同じくすると知った野党の革進党・野呂代表(高橋英樹さん)に協力を求めました。最初は、馬鹿げた話と相手にしなかった野呂でしたが、啓太の真摯な態度を目の当たりにして、「初当選した頃の自分を思い出す」と言って、協力することを約束してくれました。それを知った神林は、いよいよ啓太が邪魔になったのでしょう。美山理香(深津絵里さん)を呼びつけ、「彼の総理の役目は終わりだ。朝倉内閣には総辞職してもらう。新内閣づくりには君にもいろいろと働いてもらうよ」と言いました。神林は、啓太の協力者を啓太から引き離し、外堀を埋めるつもりなのでしょう。ということは、小野田に対しても何かしら手を打つに違いありません。
次週第7話は、放送時間を15分拡大。朝倉内閣がどうなってしまうのかが気になります。

スポンサーリンク