ラスト・フレンズ (水川あさみさん)

mizukawa02
水川あさみさんは、毎週木曜夜10時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ラスト・フレンズ』に滝川エリ 役で出演しています。
昨日は第10話が放送されました。
●あらすじと感想
岸本瑠可(上野樹里さん)が性同一性障害であることを、藍田美知留(長澤まさみさん)と瑠可の父・修治(平田満さん)はついに知ることとなる。
美知留は、瑠可の気持ちに応えられないのにどんな顔をして会えばいいのかわからず辛くなってしまって、シェアハウスを出て行ってしまう。父・修治は、複雑な思いを抑えながら、瑠可に「おまえを応援する」と告げた。
滝川エリ(水川あさみさん)は、シェアハウスの近くの公園に及川宗佑(錦戸亮さん)がいることに気付き、毅然とした態度で、プレッシャーをかけているつもりかもしれないけど私には効かない。男なら引く。ちょっと引いて、美知留ちゃんを楽にしてあげるの!何でそんなことくらいわかんないのよ!と言い放つ。
宗佑は、美知留に電話をし、もう終わりにしようと思うから、部屋に置いていった洋服を取りに来て、合鍵も返して欲しいと告げる。結局、宗佑のマンションを訪れてしまった美知留は、部屋に瑠可のお守りが落ちているのを発見し、宗佑に瑠可が来たのかと訊ねると、宗佑は、冷ややかな態度で、瑠可が美知留を守ろうとして宗佑と対峙したこと、瑠可が「本当に美知留を愛しているのは、この私だ。だから絶対に渡さない」と話していたことなどを話す。それを聞いた美知留は、泣きながら宗佑の頬をひっぱたく。それから荷物を手に部屋を出ようとするが、宗佑に力ずくで引き戻され乱暴をされる…。
宗佑に向かって、ひとつだけ約束して欲しいと告げ、瑠可やタケルに手を出さないと約束してくれるのなら宗佑のもとにいると言う美知留の目には、涙が溢れていた。宗佑もまた、美知留に泣きやめと叫びながら、涙を流す。いたたまれず、部屋を出た宗佑は、美知留の荷物のそばに落ちていた写真に気付き、一枚一枚見ていく。そこには、シェアハウスの仲間たちと一緒に満面の笑みを浮かべた美知留の姿があった。
瑠可が挑むモトクロス全日本選手権関東大会がいよいよ始まろうとしていた。観客席には、父・修治や母・陽子(朝加真由美さん)、弟・省吾(長島弘宜さん)ら家族と、エリ、小倉友彦(山崎樹範さん)、水島タケル(瑛太さん)の姿があるが、やはり美知留の姿はない。瑠可は心の中で「美知留、行くよ」と意を決したように言うと、レースがスタートする。
ベッドで眠ってしまっていた美知留が目を覚まし、リビングルームに行くと、ソファーの上でウエディングドレスを抱きしめて目を閉じている宗佑の姿があった。なんと、そのウエディングドレスは、宗佑の血で真っ赤に染まっているのだった…。

話はいよいよ佳境に入り、次回最終話で15分拡大版です。
ようやく瑠可の思いを知った美知留。
写真の美知留の笑顔を見て、自分は美知留を笑顔にするようなことをしてこなかったことにようやく気付いた宗佑。
半ば自発的ではなかったとはいえ、ついに自分が性同一性障害であることを父に告白し、また美知留にもその事実を知られた瑠可。
宗佑をきっかけにして、男は人に頼ってばかりじゃだめだと友彦に告げたエリ。
様々な思いが表面化し、動き始めました。
第1話で出てきた誰かの死とは、宗佑のことだったようです。そして、美知留のお腹の子の父親も宗佑なのでしょう。
瑠可、タケル、エリたちが今後どうなっていくのかも気になるところです。
ちなみにドラマとの連動企画として、滝川エリ 役の水川あさみさんを主演としたスピンオフムービー『エリー my Love』がフジテレビ On Demandで配信されています。

スポンサーリンク