Around40 (天海祐希さん)

amami02
天海祐希さんは、毎週金曜夜10時TBS系列にて放送されている連続ドラマ『Around40~注文の多いオンナたち~』に緒方聡子 役で出演しています。
昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
緒方聡子(天海祐希さん)の趣味はひとりで高級旅館に泊まり、お笑いのビデオを観ること。今年不惑の40歳を迎える彼女は、この5年間、結婚どころか彼氏すらいない生活を送っていた。
精神科医として仕事にもやりがいを感じている聡子には、境遇も価値観も違う友人たちがいる。女性ファッション誌の編集者でキャリアを重視する学生時代からの後輩・森村奈央(大塚寧々さん)や高校時代からの同級生・マーくんこと大橋貞夫(筒井道隆さん)、同じく高校時代からの親友で専業主婦の竹内瑞恵(松下由樹さん)だ。
同窓会で、聡子は瑞恵に「子どもが欲しいなら今すぐ結婚すべき」とせかされる。結婚する気がないわけではなく、子どもも欲しいと思っている聡子だが、今ひとつピンとこない。
そんな中、聡子は仕事で挫折した奈央を励まそうと、一緒に行きつけの温泉旅館に出かける。そこで、ハンサムだがエコにこだわるちょっと変わった男性・岡村恵太朗(藤木直人さん)が恋人と別れる場面を目撃する。
熱を出して寝込み、自分の孤独死を想像したり、結婚相談所で女性の市場価値は35歳を過ぎると急落するという現実を聞かされる聡子。それに加え、“結婚しない宣言”をしていた奈央が結婚し、聡子は次第に孤独感とともに焦りを感じ始める。
気晴らしにいつものようにひとりで温泉旅館に行った帰りに電車に乗り遅れ、思わず電車に向かって「置いてかないで!!」と叫び、自分の現状と重ね合わせひとりホームで涙する聡子。その光景を恵太朗は偶然目撃する。
退職した臨床心理士の代わりに入ってきたのは、なんと恵太朗であった。お互い見られたくないプライベートを知られていることが分かり、聡子と恵太朗は険悪なムードになるのであった…。

「Around40」とは40歳前後の世代のことで、略して「アラフォー」と呼ぶそうです。
ドラマ中の解説によると、1980年代のバブル経済の真っ只中で青春期を過ごしてきたアラフォーは男女雇用機会均等法世代とも言われ、仕事・恋愛・結婚・出産という多様な選択肢の中から自分の生き方を選べる時代の象徴だったそうです。しかし、現在、そんな時代を走り続けてきたゆえに迷い多き人生の岐路に立たされようとしている人が多く、ドラマの主人公・聡子もそんなアラフォーの一人です。
最初、のん気に見えた聡子が次第に焦りを感じ始める展開は、コミカルでありながら、実に説得力のあるものでした。
聡子だけではなく、境遇も価値観も違う友人・奈央、瑞恵もそれぞれ苦悩や葛藤を抱えているのが興味深いです。
「あたしが幸せかどうかはあたしが決める!」との聡子の言葉が印象的でした。今を生きる女性にとって、本当の幸せとは何かを問うこのドラマ。聡子たちがそれぞれどんな幸せの形を導き出すのか楽しみです。

スポンサーリンク