花ざかりの君たちへ (稲垣吾郎さん)

inagaki
SMAPの稲垣吾郎さんは、毎週火曜夜9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』の第9話に臨時教員の北浜昇 役でゲスト出演しました。
●あらすじと感想
見た目はイケメンだが、冷徹で、問題を起こす生徒は即刻停学処分という厳しい教師・北浜昇(稲垣吾郎さん)が、臨時教師として桜咲学園にやって来た。あからさまに教師としての権力をふりかざす北浜の姿に、芦屋瑞稀(堀北真希さん)をはじめとする生徒たちは、疑問を感じ、反抗心を覚えはじめる。
しかし、北浜が生徒に厳しくあたるのには、ある理由があった。それは、過去、北浜の弟の身に起きたある事件に関係があった。
今回は、中津秀一(生田斗真さん)がカンニング&暴力の濡れ衣を着せられ、停学処分にさせられそうになったことにより、いつもはいがみ合っている三寮の生徒たちは協力体制。しかも、生徒代表として、先生と互角に渡り合える権限を持つ「花桜会」も発動。中津の停学を取り消すために、桜咲学園全生徒の退学届を携えて、交渉に当たる。
そして、瑞稀の必死の訴えと、佐野泉(小栗旬さん)が北浜の弟の事件を聞きつけて、「俺たちは、あんたの弟じゃない」という説得もあって、北浜は目を覚ました。
北浜の弟は不良で、高校生の時ナイフで刺されて亡くなった。それは不良同士の喧嘩に巻き込まれたからだ。いつしか北浜は、生徒に弟の影を重ねていたのだ。

今回特筆すべきことは、佐野と瑞稀の仲が進展したことです。佐野が瑞稀を女として意識する場面がいつも以上にありました。そして、ついには、佐野が瑞稀のことを「芦屋」ではなく「瑞稀」と呼ぶまでになりました。この佐野の行動は、前回、中津が佐野に瑞稀のことが好きだと宣言し、宣戦布告までしたことが影響しているのかもしれません。
一方、その中津は、シャンプーを借りるために瑞稀がシャワーを浴びている所へ入って、瑞稀が女であることを知ってしまいました。今後の展開も楽しみです。

スポンサーリンク