山田太郎ものがたり (忍成修吾さん)

oshinari
忍成修吾(おしなり しゅうご)さんは、毎週金曜夜10時TBS系列にて放送されている連続ドラマ『山田太郎ものがたり』に杉浦圭一 役で出演しています。
一昨日は第8話が放送されました。
●あらすじ
今回は主に豪華3本立てのストーリー構成でした。
まず1つは、成績優秀の太郎(二宮和也さん)だが、相変わらず進学の意思はなく就職を希望していることに対し、一ノ宮校長(宇津井健さん)は、自分と御村(櫻井翔さん)、鳥居(吹石一恵さん)の三人のうち誰が一番初めに太郎に進学への興味を抱かせるか、ゲームをしようと持ちかける。そして、御村は、果物のバイオ栽培に力を入れている永原(吉沢悠さん)の研究室に行けば心が変わるのではないかと目論んで、太郎を城南大学に連れて行くが、なかなか御村の思惑通りにはならない。
もう1つは、太郎の父・和夫(松岡充さん)がお友達のウメ(吉行和子さん)に絵を届ける為に帰国して、妻・綾子(菊池桃子さん)と一緒に訪ねたところ、大金持ちのウメは「海外に行く自分の代わりに、この家に住んで欲しい」と言う。かくして山田家は夢のような豪邸生活に思いを馳せ大興奮するが、太郎は気が進まない。「そんな簡単に手に入って、それで本当にいいのかなって…。なんていうか…それでみんなが、幸せなのかなって…」と御村に相談したところ、「お前にとってさ、一番大切なものって、何だ?」と問いかけられ、再び考え込む太郎。
そして、最後の1つは、杉浦が街で、割ぽう着姿の太郎が弟、妹たち大家族を連れて歩いているところや、ラーメン屋でバイトをしているところを目撃。たちまち学校中に「太郎は貧乏だ」との噂が広まり、隆子(多部未華子さん)と鳥居先生は激しく動揺し、隆子は御村に、鳥居先生は一ノ宮校長に相談。御村も一ノ宮校長も、バレたからといって、太郎そのものが変わるわけではない。周りがどう感じるかだということを諭す。
そして、杉浦をはじめとするクラスメイトたちは、噂の真相を確認すべく、放課後に太郎を尾行する。そこで一同が目にしたのは、凄い豪邸だった。1足遅く駆けつけた隆子と御村。どうなっているのかと目を丸くする隆子に、御村は、知り合いから譲り受けた太郎の新しい家だと説明する。
山田君が本当の王子様になったと喜ぶ隆子。一方、寂しげにその場を立ち去る御村。太郎は豪華な部屋で、御村の「お前にとってさ、一番大切なものって、何だ?」という言葉を。御村は太郎の元のボロ家の前で、太郎の「そんな簡単に手に入って、…それでみんなが、幸せなのかなって…」という言葉をそれぞれ思い出すのだった…。

スポンサーリンク