ブルドクター (稲垣吾郎さん)

inagaki04
SMAPの稲垣吾郎さんは、日本テレビ系列にて毎週水曜夜10時から放送されている連続ドラマ『ブルドクター』に名倉潤之助 役で出演しています。
昨日は第2話が放送されました。
●あらすじと感想
今回の事件は自殺に見せかけた殺人でした。なんと容疑者の1人として法医学教室・准教授の名倉潤之助(稲垣吾郎さん)が浮上。法医学教室・特任准教授の大達珠実(江角マキコさん)の解剖により、亡くなった黒川沙織(市川由衣さん)は妊娠していたことが判明し、名倉がその子の父親ではないかと疑われる事態にもなりました。名倉と交際している釜津田知佳(石原さとみさん)は最初動揺していましたが、珠実に「冷静さを失ったら、真実が見えなくなる」と言われたせいもあるのでしょうか、刑事として毅然とした態度で臨みました。
もちろん、名倉がこんなに早く退場するはずがありません。犯人はあっさり分かってしまいましたが、犯人当てがメインではないということでしょう。珠実が息子を庇う母親に対し、母親としてできるだけのことを息子のためにやってあげたいという気持ちが分かるとしながらも、いくら母親でも子どもの犯した罪を償うことはできないと諭したり、名倉が沙織の母・雅子(朝加真由美さん)に対し、沙織が「いつか私がママになれたら、手作りのおもちゃや絵本いっぱい作るんだ。私がお母さんに作ってもらったみたいに」と言っていたというエピソードを明かしたりと、仕事と子育ての両立に奮闘する珠実の気持ちや親子関係をダブらせるような話が織り込まれていました。今回は“母親の思いは子どもに伝わっている”というテーマが絡んでいました。
今回も武田美亜(志田未来さん)がいわゆる“ドクター刑事”のように事件の解決に貢献しました。そんな美亜の父で法医学教室・教授の武田伸生(小日向文世さん)は、何かを隠しているようです。名倉は、珠実が解剖して現場に足を運んでくれたおかげで真実が解き明かされたと認めながらも、解剖は警察から依頼があったご遺体のみ行うべきとの考えは崩しませんでした。そういえば、珠実は名倉と知佳が付き合っていることに気付きました。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク