美丘-君がいた日々- (吉高由里子さん)

yoshitaka05
吉高由里子さんは、日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されている連続ドラマ『美丘-君がいた日々-』に峰岸美丘 役で出演しています。
先週は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
明知大学3年生の橋本太一(林遣都さん)は、大学の屋上のフェンスの外側に立つ女子大生を見かける。自殺するのではと思い、慌てて駆けつけ、高所恐怖症であることも忘れて無我夢中でその女子大生の体を抱きしめて引き寄せる太一だったが、当の彼女は景色を見ていただけだと平然と答える。それが太一と峰岸美丘(吉高由里子さん)の出会いであり、太一にとって美丘は忘れられない存在となっていくのだった…。

原作は石田衣良氏の小説『美丘』です。
脳に重い病を抱えた美丘は、自由奔放で行動力があり、周りから何を言われても物おじしない女の子で、彼女の行くところ何かと騒動を巻き起こします。太一はそんな嵐のような美丘に自分でも気づかないうちに引き込まれているようです。一方、自分の余命がわずかだと知っている美丘は、もう本気の恋はしないと決めていたようですが、太一のことが気になりだしたようです。
正直なところ物語的にはベタな設定で新鮮味がないと感じました。しかし、人と人との結びつきが希薄になっているといわれる現代。そんな時代を生きる私たちにとって、これから展開していくであろう太一と美丘の関係、結びつきは、いろいろと考えさせられるものになるかもしれません。