正義のセ (吉高由里子さん)

yoshitaka08
吉高由里子さんは、日本テレビ系列の毎週水曜夜10時「水曜ドラマ」枠にて放送されている連続ドラマ『正義のセ』に竹村凜々子 役で出演しています。
先日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
2年目の新米検事・竹村凜々子(吉高由里子さん)は、横浜地方検察庁港南支部に配属された。港南支部には、支部長の梅宮譲(寺脇康文さん)をはじめ、先輩検事の大塚仁志(三浦翔平さん)、徳永太一(塚地武雅さん)たちがいる。そして凜々子の担当事務官に就いたのは、ベテランの相原勉(安田顕さん)だ。
早速、凜々子は相原と共に取調べに臨むのだが、喜怒哀楽がすぐ表に出てしまう性格のため、被疑者に怒りをむき出しにしたり、同情したり、乗せられたりする。相原からは、感情を抑え自分を律する努力をするよう注意されてしまう。
そんな中、凜々子は傷害事件を担当する。被害者は建設会社に勤める向井俊哉(浅利陽介さん)だ。会社の上司である恩田徹(石黒賢さん)から日常的にパワハラを受けていた向井は、居酒屋の店内で恩田から激しく叱責を受け、グラスを投げつけられて頭部を負傷。さらに病院に行こうとしたところ、近くの路地裏に連れて行かれ、恩田から殴る蹴るの暴行を受けて階段から転げ落ち、全治2ヵ月の重傷を負ったと被害届を出していた。ところが被疑者の恩田は、暴行なんてしていないと全面的に否認。被害者・向井の証言を裏付けできる証拠はなく、しかも一緒にいた同僚の田中啓介(六角慎司さん)も暴行の事実はなかったと証言しているのだった…。

被害者と被疑者の言い分が真っ向から対立する中、凜々子は相原と共に、真実を突き止めるために捜査を進めていきます。不器用ながら何事にも一生懸命でまっすぐな性格の凜々子と、凜々子に対し小姑のように小言を言う事務官・相原の凸凹なコンビネーションが面白いです。
頑固で融通が利かない性格の凜々子は、壁にぶつかって自分は検事には向かないのではないかと悩みます。そんな凜々子に父・浩市(生瀬勝久さん)は、しつこく諦めないところが検事という仕事には向いていると励ましました。未熟な凜々子に何かと厳しく当たる大塚も、なんだかんだ言いながらもサポート。かくして凜々子は、事件の裏に隠された真実を突き止めて被害者を救うことができました。
「まだ正義のセも分からないようなひよっこ」だと言う凜々子の今後の奮闘も楽しみです。
原作は、阿川佐和子さんの同名小説シリーズです。