地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 (江口のりこさん)

eguchinoriko
江口のりこさんは、日本テレビ系列の毎週水曜夜10時枠にて放送されている連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に藤岩りおん役で出演しています。
昨日は第3話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
河野悦子(石原さとみさん)は、折原幸人(菅田将暉さん)からチケットをもらい、彼が参加するというファッションショーを見に行く。そこにはなぜか編集者・貝塚八郎(青木崇高さん)の姿もあり、驚愕の事実を知ることとなる。それは、実は幸人は作家の是永是之だということだ。
そんなある日、校閲部部長・茸原渚音(岸谷五朗さん)は、米岡光男(和田正人さん)が担当していた人気作家・四条真理恵(賀来千香子さん)の小説の校閲を悦子に変更する。米岡が実は四条の大ファンであることが判明し、感情移入し過ぎてミスが出ることを懸念しての対応だった。
後日、校閲を担当した人に会いたいとの四条の要望により、悦子は貝塚と一緒に四条宅を訪れる。何らかのクレームかと思われたが、過去作と今作の設定上の矛盾を指摘してくれたことに対する感謝の気持ちを伝えるためだった。しかし、実はその矛盾を指摘する付箋を貼ったのは悦子ではなかった。悦子は米岡の仕業ではないかと考えて問いただすが、身に覚えがないという。
その矢先、悦子は、四条から招待されて米岡と一緒に四条のトークイベントに出席する。そこで2人は意外な人物と遭遇する。それは、「私は校閲に私情を挟みたくありませんので、好きだの嫌いだのといった感情は普段から封印するようにしています」と言い切っていた藤岩りおん(江口のりこさん)だった…。

今回は厳しくて真面目な藤岩の意外な一面が明かされました。普段は仕事一筋で無感情に見える藤岩の、人間らしい一面が見られてよかったです。そして、悦子と藤岩がお互いの気持ちを少し理解するような部分も見られてほっこりしました。
思ったことを口に出さずにはいられない悦子に興味を示す幸人を見て、森尾登代子(本田翼さん)は複雑な表情を浮かべていました。一方、悦子は幸人から小説の感想を聞かれて、正直に「つまらなかったです」と答えてしまいました。そんな3人の関係がどうなっていくのかも気になるところです。

スポンサーリンク