ハングリー! (向井理さん)

mukai04
向井理さんは、フジテレビ系列にて毎週火曜夜10時から放送されている連続ドラマ『ハングリー!』に山手英介 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
ロックバンド“ROCKHEAD”のベーシスト・山手英介(向井理さん)は、調理師専門学校を卒業後、人気フレンチレストラン『ル・プティシュ』のオーナーシェフである母・華子(片平なぎささん)と「30歳になるまでに芽が出なかったら、見習いシェフになる」という約束を交わし、仲間たちとロックに身を捧げてきた。
ところが30歳を目前に控えた英介のバンドは相変わらず不評。すでに30歳を迎えたメンバーの住吉賢太(塚本高史さん)は、ボーカリストの平塚拓(三浦翔平さん)が出て行ったのを機にバンドを解散しようと言い出す。
英介は仕方なく華子のもとで料理の修行を始めようと考えるが、息子の胸中を察した華子に「好きなことやんなさい。いつでもいいの。あなたが本気で料理がやりたいって思ったら、またここにいらっしゃい」と励まされる。
そんな中、華子が急逝。英介は店を継ぐ決心をするが、店はすでに人の手に渡っていた。以前から『ル・プティシュ』をプロデュースしたいと話を持ちかけていた新進気鋭の実業家・麻生時男(稲垣吾郎さん)が、英介の父・太朗(大杉漣さん)を言いくるめて従業員ごと店を買収していたのだ。麻生は、高級レストラン『ガステレア』としてオープンさせるべく、店を大幅に改装していた。
英介は、華子が画家である太朗のアトリエ兼食糧倉庫用に借りてくれていた倉庫でレストランを始めることにする。“ROCKHEAD”のメンバーだった賢太と藤沢剛(川畑要さん)や、旧『ル・プティシュ』で働いていた海老名睦子(片桐はいりさん)と共に、英介は新しい『ル・プティシュ』のオープンに向けて準備を進めるのだった…。

「情熱さえあれば、どんな場所でもどんな状況でも何かを生み出すことはできる」ということで、英介は新たなる夢に向かって走り出しました。
お金が目的の麻生に対し、「私の料理は、ただお客様や大切な人たちに幸せになってもらいたい、そのためだけのものなんです」と語っていた華子。英介はそんな華子の精神を受け継いでいるのでしょうか。麻生の妨害に英介がどう対抗していくのかも楽しみですが、その辺にも注目したいと思います。
また、英介には恋人・橘まりあ(国仲涼子さん)がいますが、ひょんなことから英介と知り合った農家の娘で大学生の大楠千絵(瀧本美織さん)も、英介の料理を気に入ったことがきっかけで彼のことが気になり始めているようです。千絵が今後どのように物語に関わっていくのかも楽しみです。

スポンサーリンク