流星の絆 (要潤さん)

kaname02
要潤さんは、毎週金曜夜10時TBS系列にて放送されている金曜ドラマ『流星の絆』に戸神行成 役で出演しています。
一昨日は第9話が放送されました。
●あらすじと感想
戸神行成(要潤さん)の母・貴美子(森下愛子さん)にもらった香水の匂いが決め手となり、静奈(戸田恵梨香さん)が戸神家の書庫にレシピノートを隠してきたことは行成にばれてしまう。行成に問いただされた静奈は、観念して自分の正体を明かす。レシピノートは行成が持っていってしまった。それを知った功一(二宮和也さん)は、最後の手段として柏原康孝(三浦友和さん)に自分たちが詐欺をしてきたことや戸神政行(柄本明さん)にたどり着いたことを打ち明け、助けを求めることにする。すべてを聞いた柏原は、家宅捜索は難しいことを伝えつつも、犯人逮捕につながる助言をする。
功一たちは行成にすべてを打ち明けるが、父・政行の無実を信じる行成は、意外にも別の作戦で再チャレンジしようと協力を申し出る。真実を知りたいという行成と共に、功一たちは再び作戦を練る。そして、行成の協力のもと、作戦は実行された。それは功一と泰輔(錦戸亮さん)が刑事になりすまして、偽の証拠で政行を誘導尋問するというものだ。作戦は成功し、政行は14年前のことを話しだした。アリアケのレシピを金で買い、14年前の事件の夜、レシピを受け取るために功一たちの家を訪れたと言うのだ。しかし、政行は、自分が行ったときには、幸博(寺島進さん)と塔子(りょうさん)は既に殺されていたのだと話すのだった…。

もう時効当日とは言え、政行がこの期に及んで嘘をついているようには見えません。功一たちの両親を殺した本当の犯人は一体誰なのか、その動機と共に気になります。時効成立前に犯人を捕まえることができるのか、功一、泰輔、静奈は“親離れ”をして未来に向けて歩き出すことができるのかも気になるところです。

スポンサーリンク