探偵学園Q (若葉克実さん)

katsumi
若葉克実さんは、毎週火曜夜10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『探偵学園Q』に鳴沢数馬(数馬)役で出演しています。
昨日は第8話が放送されました。
●あらすじ
ついにリュウ(山田涼介さん)の口から、自分が冥王星の後継者であるという重大な事実がQクラスの4人に伝えられる。すでにその事実を知っていたキュウ(神木隆之介さん)だが、仲間の反応を気にして戸惑う。メグ(志田未来さん)、数馬(若葉克実さん)、キンタ(要潤さん)は、気持ちの整理がつかない。
メグに促され、とにかく事件の捜査を開始した4人。リュウはまたもや別行動で、独自で事件の捜査をする。
キュウの推理力で事件の謎が解けた4人は犯人のもとへ行く。リュウもまた犯人にたどり着き、現場にいた。
キュウが邪魔で仕方ないケルベロス(鈴木一真さん)は、誘導催眠により人を使ってキュウを刺し殺そうとするが、リュウがそれをかばって代わりに刺されてしまう。
七海先生(山本太郎さん)と団校長(陣内孝則さん)の協力の下、ケルベロスは警察に捕まる。
Qクラスのメンバーは一致団結して、リュウを病院に運ぶ。目覚めたリュウのそばには、眠っているQクラスのメンバー全員と団校長と七海先生がいた。
そして、七海先生からは、ケルベロスが捕まった事実を、団校長からは、正義の心があれば血筋など関係ないと思っていること、Qクラスのメンバー全員がリュウの退学を望んでいないであろうことを伝えられる。
団校長と七海先生が去った後、リュウのもとにQクラスのメンバー全員が集まった。みんなに感謝を述べるリュウに、キンタは、俺たち5人は最初から仲間だと話す。「ただいま」と照れくさそうに言うリュウに、メンバー全員は笑顔で「おかえり」と答える。それを聞いたリュウもまた笑顔を見せる。Qクラスメンバーの仲間としての絆は、より確かになったようだ。
一方、冥王星のメンバーであるユリエ(奥貫薫さん)は、電話で妙なことを話し、不気味に微笑む。「ええ、ケルベロスが…ハデス様の意図を汲み取らず、暴走した結果がこれです。でもご安心ください。もう手は打ってあります。ハデス様」

スポンサーリンク