TAKE FIVE (松坂桃李さん)

matsuzakatori
松坂桃李さんは、TBS系列にて毎週金曜夜10時から放送されている金曜ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』に新美晴登 役で出演しています。
先日は第6話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想
突然現れた偽物のテイク・ファイブ。彼らは帆村正義(唐沢寿明さん)をあざ笑うかのようにテイク・ファイブと同じ手口を使い、ダ・ヴィンチの絵画を盗み出した。彼らの狙いが新美晴登(松坂桃李さん)であると気づいた正義たちは、敵の正体を探るべく動き出すが、それさえも敵の罠だった。仲間である晴登が警察に逮捕され、テイク・ファイブは窮地に立たされる。“偽テイク・ファイブ”を率いているのは、かつてテイク・ファイブのメンバーであった後藤(峰竜太さん)だった。盗みに愛が必要という流儀を嫌う後藤は、晴登も自分と同じだと思って目を付けたが、すでに正義の影響を受けて変わってきていると知って、仕事のために排除したのだ。後藤と対面した正義は、ダ・ヴィンチの絵画「ルクレツィアの肖像」にかかわることをやめなければ晴登以外の仲間にも害が及ぶことになると後藤に警告される。
後藤の警告が気になる正義は、南真一(六角精児さん)、火岡均(入江甚儀さん)、岩月櫂(稲垣吾郎さん)たちテイク・ファイブの面々に何も行動を起こさないよう指示して単独で動き出す。ところが他のメンバーも、後藤の狙いである「ルクレツィアの肖像」の在り処を調べていた。「少しは仲間を信用しろ」と言う南たちに観念した正義は、みんなで協力し合って盗みを決行することにする。刑事である岩月のおかげで晴登も留置場からPCを駆使して参戦。感知装置の解除を手伝う。
かくして「ルクレツィアの肖像」をどちらが先に盗み出すことができるかという、テイク・ファイブと偽テイク・ファイブの対決になるのだった…。

値札の貼り間違いをヒントに正義が考案した作戦のおかげもあって、偽テイク・ファイブのメンバーを逮捕に導き、「ルクレツィアの肖像」を見事手にする正義たち。でも、初めから仲間を信用していなかった後藤が、正義たちの居所を突き止め、銃で脅して絵画をかすめ取りました。
後藤のやり方に失望した偽テイク・ファイブのメンバーである柴崎 ナルミ(黒木メイサさん)は、正義に晴登の無実を証明するデータを渡しました。正義はそのデータが刑事・笹原瑠衣(松雪泰子さん)の手に渡るようにして、晴登を釈放に導きました。
絵画の値段交渉をする後藤ですが、何者かに殺害されてしまいました。後藤は所持品が何もなく、これで「ルクレツィアの肖像」の行方が再びわからなくなってしまいました。今後の展開も気になります。

スポンサーリンク