空飛ぶタイヤ (長瀬智也さん)

nagase08
映画『空飛ぶタイヤ』は、池井戸潤さんによる同名小説を映画化した作品です。『超高速!参勤交代』シリーズなどの本木克英監督がメガホンを取っています。
TOKIOの長瀬智也さんは赤松徳郎 役で出演しています。
一昨日、劇場に観に行きました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
よく晴れた日の午後、赤松運送の二代目社長の赤松徳郎(長瀬智也さん)と専務の宮代直吉(笹野高史さん)は、若手社員の門田駿一(阿部顕嵐さん)のリストラ話で揉めていた。宮代が「整備員を育てる余裕はない」と話すのに対し、赤松は「(社員は)家族みたいなものだろ」と反対。しかし、そんなやり取りさえも普通の日々だったと思えるような出来事が起こる。一本の電話がすべてを変えたのだ。
その電話は、赤松運送のトレーラーがタイヤ脱落事故を起こして死傷者を出したという知らせだった。運転していた社員の安友研介(毎熊克哉さん)の話によると、緩いカーブでブレーキをかけたら突然タイヤが外れたのだと言う。スピードも出ていなかった。外れたタイヤは空を飛び、偶然通りかかった子ども連れの柚木妙子(谷村美月さん)に直撃。子どもはかすり傷だったが、母親の妙子は病院に運ばれたものの即死だった。
港北中央署刑事の高幡真治(寺脇康文さん)たちは整備不良を疑う。トレーラーの整備を担当したのは門田だった。彼のふてくされた態度に激昂して赤松も一時は整備不良を疑って門田にクビを言い渡す。しかし、門田のロッカーから自作の点検シートが見つかって基準以上の点検をしていたことが分かり、謝罪して会社に戻るよう願い出る。
赤松運送は警察による家宅捜索を受け、世間やマスコミからバッシングされ、取引先からも次々と取引を停止され資金難に陥る。赤松は運転資金のためにホープ銀行に3000万円の融資をお願いするが、コンプライアンスを理由に冷たくあしらわれる。
事故原因調査のため点検を担当するのは、そのトレーラーの製造元であるホープ自動車だ。整備不良が原因ではないという結果が出たら風向きが変わると考えていた赤松だが、ホープ自動車が出した分析結果は「赤松運送の整備不良」だった。納得のいかない赤松は、ホープ自動車本社に再調査を依頼して何度も問い合わせるが、販売部カスタマー戦略課課長の沢田悠太(ディーン・フジオカさん)は取り合おうともしない。
そんな中、赤松は、今回と同じような事故が少し前に群馬県でもあったことを知る。原因とされたのは同じく運送会社の整備不良で、しかも調査を担当したのもホープ自動車だった。赤松は話を聞くために群馬の野村陸運社長・野村征治(柄本明さん)のもとを訪れるのだった…。

窮地に立った赤松は独自に調査を進め、車両の構造そのものに欠陥があったのではないかということにたどり着きます。最初は赤松をクレーマー扱いしていた沢田も、普段とは違う会社の対応に疑問を感じ、同僚で車両製造部の小牧重道(ムロツヨシさん)と小牧の後輩である品質保証部の杉本元(中村蒼さん)と共に独自に調査を開始します。すると次第にリコール隠しの実態が浮かび上がりました。一方、ホープ自動車への融資を担当するホープ銀行本店営業本部の井崎一亮(高橋一生さん)も、ホープ自動車経営陣のやり方に納得がいかず立ち向かいます。赤松、沢田、井崎たちそれぞれに巨大企業の闇が降りかかってきますが、それぞれの立場や思いで迷いながらも、決断し行動するところがよかったです。
刑事の高幡が、リコール隠しの主犯とも言える役員を取り調べる際に言った「名門を汚すのは、リコールじゃない。不正なんだ。それがわかんねえのかよ!」という言葉が印象的でした。その役員の身を守ろうとする小さなプライドのせいで人が命を落とす事態となってしまったのです。なんともやりきれない思いがこみ上げました。
赤松は、被害者の幼い子どもが書いた母親への追悼文を読んで、本当の意味で一人の命が失われたことを実感しました。そしてホープ自動車と徹底的に最後まで闘うことを決心したのです。沢田を突き動かしたのは自身の処遇への不満が大きいように感じましたが、赤松からその追悼文を読むように渡されたのも影響しているのでしょう。そんな赤松と沢田が事故現場で会って話をする場面も印象的でした。高幡が熱心に捜査していたのも、現場で被害者の遺体を目の当たりにしたことが大きかったようです。相手の身になって考えることは、しているつもりになって実はできていないことが多いものです。でも改めて大切なことだと痛感しました。
赤松が沢田に言った「こんな精一杯やったことが誰かに届いて、奇跡が起きることを信じているんだ」という言葉も印象的でした。実際問題、精一杯やったからといって必ずしも報われるとは限りません。でも精一杯やった結果であれば、だめだったとしても後悔は少ないでしょう。とは言え、精一杯やることの方向自体を間違えてしまうと後悔することもあるので難しいところではあります…。
赤松の妻・史絵(深田恭子さん)や赤松運送の社員たちが赤松を信じて支えるところや、小牧と杉本が沢田を信じて協力するところもよかったです。