デカワンコ (多部未華子さん)

tabe05
多部未華子さんは、日本テレビ系列にて毎週土曜夜9時から放送されている連続ドラマ『デカワンコ』にワンコこと花森一子 役で出演しています。
一昨日は第1話が放送されました。
●あらすじと感想
新米女性刑事・ワンコこと花森一子(多部未華子さん)が、レースやフリルの付いた衣裳を身にまとい、運動神経と推理力はゼロながら警察犬並みの嗅覚を武器に、体当たりの捜査で難事件を解決していくお話のようです。
一子の所属する警視庁捜査一課13係は、七変化による落としのプロで主任のシゲこと重村完一(沢村一樹さん)、若手で情熱派のキリこと桐島竜太(手越祐也さん)、寡黙&強面で相撲部出身のチャンコこと和田純(石塚英彦さん)、現場リーダーで猪突猛進のコマこと小松原勇気(吹越満さん)、神経質でキレやすいヤナこと柳誠士郎(大倉孝二さん)、エリートで帰国子女のデューク・タナカ(水上剣星さん)、叩き上げでベテランのガラこと五十嵐太一(佐野史郎さん)、経費には非常にうるさい係長=ボスの門馬次郎(升毅さん)など、個性的な先輩ばかりです。第1話ではなんとそんな先輩刑事数名と警視庁のトップ・松田洋雄警視総監(伊東四朗さん)が容疑者として浮上しました。捜査をする過程で登場人物の紹介をして、物語としても身内の逮捕という試練を経て一子の中に刑事としての自覚が芽生えるという構成になっていて、よくできていると思いました。『太陽にほえろ!』のテーマ曲やパロディも面白かったです。
原作は『ごくせん』で有名な森本梢子さんの同名漫画です。スタッフは脚本の伴一彦さんを始め、以前この枠にて放送された連続ドラマ『喰いタン』の製作陣が中心となっています。
いい意味で気軽に安心して観ていられる作品になりそうです。

スポンサーリンク