曲げられない女 最終回

kannomiho06 tsukamototakashi03
nagasakuhiromi taniharashosuke04
日本テレビ系列にて毎週水曜夜10時から放送されていた連続ドラマ『曲げられない女』は、昨日、最終回(第10話)を迎えました。
●あらすじと感想
大きなお腹を抱えながら、司法試験の最終関門である口述試験を迎えた荻原早紀(菅野美穂さん)は、いよいよ試験という時に激しい腹痛に襲われ、葛藤の末、産まれてくる子どものために受験を断念しようとするが、試験官にその旨を伝える時に痛みがぴたっと治まり、自分でも満足のいく試験を行えた。
口述試験を終えた直後、早紀は、長女・灯〈トモ〉を無事出産した。今回の10回目の受験で区切りをつける決心をしていた早紀だが、不合格だった。落ち込む早紀に、藍田光輝(谷原章介さん)はプロポーズを断念して励まし、出産目前の蓮美璃子(永作博美さん)はわざと悪態をついて早紀の心のシャッターを開かせて説得。みんなに励まされた早紀は、翌年再挑戦することにした。
長部善隆(山口馬木也さん)には内緒で既に離婚届を提出し、倒れて体が不自由になった富貴恵(高林由紀子さん)を姑としてではなく他人として世話していた璃子は、富貴恵のリハビリに付き添ううちに介護福祉士の仕事に魅力を感じ、資格を取ることを決め、長部家を出て、光〈ヒカル〉を出産した。
結婚式当日に式場から逃げ出してしまい、事務所や顧客からの信用を失い、横谷里美(能世あんなさん)に別れを告げられ、事務所も辞めた坂本正登(塚本高史さん)は、早紀からの叱咤激励により、ようやく本当の自分を取り戻し、弁護士・中島剛志(平泉成さん)の紹介で無料法律相談の仕事を始めた。
時は経ち、司法試験に合格して晴れて弁護士になった早紀は、灯と一緒に幸せに暮らしていた。璃子は、介護福祉士となって特別養護老人ホームで働き、そのホームの食堂では、光輝がコックとして仕事をしていた。しかも、璃子は光輝との子を身ごもっているらしい。同じホームで、正登は無料法律相談を定期的に行っていて、正登と灯はそこで待ち合わせをして父娘対面をしている。
正登と別れてすぐさま金持ちのイケメンと結婚して幸せに暮らしているはずの里美は、夫に内緒で多額の借金を作ってしまい、夫から離婚と子どもの親権を渡さないことを告げられ、早紀の勤める「中島・荻原法律事務所」へ相談しにやって来た。「おまえの人生なんかもう終わりだって、心の中で爆笑しているんでしょ」と泣きながら言う里美に、早紀は、爆笑というのは大勢の人が一度に笑うことをいうので今の使い方は間違っていること、それから、あなたの人生は終わりなんかじゃないことを伝えるのだった…。

早紀、璃子、光輝の3人の友情が続いていて良かったです(厳密に言うと、璃子と光輝の関係は友情から愛情に変わったようですが…)。正登と灯、光輝と光の関係も良好のようで微笑ましかったです。「すみません、正確に言っておきたいので」という早紀の口癖で物語は幕を閉じました。璃子や光輝とお互いに影響を与え合いながら、変えるべき点は変えていき、そのことによって、夢や信念を曲げずに守り抜くことができたという早紀の生き方が印象的でした。