探偵が早すぎる (滝藤賢一さん)

takitohkenichi03
滝藤賢一さんは、日本テレビ系列の毎週木曜深夜の「木曜ドラマF」枠にて放送されている連続ドラマ『探偵が早すぎる』に千曲川光 役で出演しています。
先日は第1話が放送されました。
●導入部のあらすじと感想(ネタバレ注意)
女子大生・十川一華(広瀬アリスさん)は、橋田政子(水野美紀さん)にテーブルマナーを厳しく指導されていた。一華は幼い頃に母親を亡くし、児童養護施設から橋田に引き取られた。暮らしはどちらかと言えば貧しい方だったが、なぜか橋田は一華に一流の礼儀作法をたたき込んできた。
ある日、一華は何者かに背中を押され、車にはねられてしまう。命に別状はなかったが、首にはコルセットが巻かれ、右腕、右足を負傷した。一華が車道に飛び出したわけではなく、誰かがぶつかってきて飛ばされたということを知って、橋田は不穏な表情をする。
一華の背中を押したのは、大陀羅朱鳥(片平なぎささん)の娘・麻百合(結城モエさん)の仕業だった。一華を殺害しようとしたのだ。麻百合の作戦失敗を知った朱鳥の息子・壬流古(桐山漣さん)は、とある男を雇って一華の殺害を指示するのだった…。

一華は、先日亡くなった大陀羅家次男・瑛の娘でした。瑛の遺産は一華が全て相続することになっていて、その額なんと5兆円。その結果、瑛の兄弟姉妹たちである大陀羅一族から命を狙われることになってしまいました。大陀羅一族はとんでもないことに、一華を最初に殺した者が遺産を総取りするということを決めてしまったのです。
橋田は瑛の元秘書で、瑛から一華を託されたようです。そして一華を命の危険から守るために、橋田は探偵・千曲川光(滝藤賢一さん)を雇いました。千曲川は、“犯罪を未然に防ぐ”極めて稀な探偵です。犯罪を犯そうとする人が仕掛けたトリックを解き明かし、未然に阻止して返り討ちにするのです。勝ち気な性格の一華と偏屈な性格の千曲川は反発し合います。その掛け合いも見どころの1つでしょう。
千曲川がどのタイミングで犯罪計画に気付くかというミステリー要素も楽しめますし、探偵がトリックをあらかじめ解いて事件を未然に防ぐというのも新感覚で面白いです。物語が全体的にコミカルに進行するのもよかったです。今後もどのようにして防いでいくのか楽しみです。