PRICELESS (中井貴一さん)

kiichi03
中井貴一さんは、フジテレビ系列の月曜夜9時枠にて放送されている連続ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』に模合謙吾 役で出演しています。
一昨日は第4話が放送されました。
●あらすじと感想
新しい「ミラクル魔法瓶」を作るという名目で、先代が築きあげてきた大切なもの、人・会社・理念までも切り捨てていく社長・大屋敷統一郎(藤木直人さん)。
その巻き添えを受けて下請けの相模川製作所は倒産の危機に立たされました。統一郎の指示の下、模合謙吾(中井貴一さん)が契約続行の条件に達成不可能のノルマを課したからです。
しかし、相模川製作所に短期のバイトの面接で来ていた金田一二三男(木村拓哉さん)が助っ人を大勢連れて来て、危機を救いました。達成不可能と思われたノルマをクリアしたのです。
それでも統一郎は、新製品開発を行わない方針を理由に、予定通り相模川製作所との契約を白紙にするよう指示。模合はそんな統一郎に対し、「経営が苦しい時こそ製品開発に力を入れろ」との先代の言葉を取り上げ、新製品開発こそが「ミラクル魔法瓶」の今日の発展を支えてきたと主張。さらに「本当に切られるべき人間は社長、あなたです」と臆することなく進言し、会社を去りました。
妻子と3人で力を合わせて頑張っていくつもりの模合でしたが、家を追い出されて行き場所をなくして、金田一と二階堂彩矢(香里奈さん)のいる「幸福荘」に身を寄せるのでした…。

統一郎の「自分が何をしているのか分かってますか」との問いに、「分かっていると思います」と胸を張って答える模合がカッコ良かったです。
「この世で最初から不可能なことって、やっぱり無いんじゃないですかね」と言って笑顔を見せる金田一が印象的でした。模合は元々、仕事の場で相手から理不尽な要求をされた際には、会社が損害を受けようとも自分の筋を堂々と通す人だったようですが、今回の行動に至ったのは金田一の影響もあったのかもしれません。
中華料理青春軒店主・佐倉辰彦(木村祐一さん)から譲り受けた“屋台”と、バーのマスター・藤沢健(升毅さん)にご馳走になった“ホットドッグ”で次回への前フリは十分という感じでしょうか。今後の展開も楽しみです。

スポンサーリンク