画業30周年記念 小畑健展

obatatakeshiten

先日、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』などの大ヒット作で知られる漫画家・小畑健さんの展覧会「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」に行ってきました。
本展覧会は、「Manga」・「Illustration」・「Never Complete」の3つの構成からなる展示となっていました。
ZONE1「Manga」では、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』などよりストーリーを象徴する名場面や、作画技術がより際立つシーンの原稿が展示されていました。
ZONE2「Illustration」では、漫画作品の扉ページをはじめ、単行本カバー、他作品とのコラボレーションイラストなど、カラー作品が展示されていました。
ZONE3「Never Complete」では、デジタルを取り入れて作り上げらている最新作『プラチナエンド』の制作過程、さらに新作描きおろしによる挑戦企画がお目見えしていました。ご本人によるライブドローイングも拝見できて感動しました。
そして、あらかじめローチケで図録セット券を購入すると応募できる「小畑健先生サイン会」に当選し、展覧会後に参加してきました。サイン会の前に、手袋をして生原稿を直接手に取って見ることができる催しもありました。
とてもいい刺激になり、あらためて色々頑張ろうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました