七つの会議 (野村萬斎さん)

映画『七つの会議』は、池井戸潤さんによる同名小説を実写映画化した作品です。『私は貝になりたい』、『祈りの幕が下りる時』などの福澤克雄監督がメガホンを取っています。
野村萬斎さんは八角民夫 役で出演しています。
先日、劇場に観に行きました。以下ネタバレ注意です。
物語は東京建電の営業部長・北川誠(香川照之さん)の怒号が飛ぶ定例会議から始まります。営業二課長・原島万二(及川光博さん)は、ノルマを達成できず北川に怒鳴られてばかり。一方、会社の花形部署である営業一課はノルマを達成し続け、トップセールスマンの営業一課長・坂戸宣彦(片岡愛之助さん)は北川から全幅の信頼を寄せられていました。しかし坂戸には厄介な部下がいました。営業一課の足を引っ張る“ぐうたら社員”の万年係長・八角民夫(野村萬斎さん)です。坂戸から毎日叱られても一向に態度を変えない八角。それどころか坂戸のパワハラを会社の上層部に訴えてしまいました。坂戸は会社のエースであるがゆえに、誰もが相手にされないと思っていましたが、下された人事は坂戸への左遷命令でした。さらに経理部・新田雄介(藤森慎吾さん)が八角の領収書に不正の臭いを感じ取って追及しますが、処分を下されたのは新田への左遷命令。八角と対立した人物が次々と飛ばされていく不可解な出来事は、やがて予想外の方向に大きな広がりをみせていきます。
豪華にして個性的な俳優陣が多数集結し、息詰まる舌戦が繰り広げられていて見応えありました。特に御前会議では、ゼノックス社長・徳山郁夫(北大路欣也さん)や常務取締役・梨田元就(鹿賀丈史さん)が重厚感と緊張感を醸し出していてスリルがありました。新事実を暴き出しながら事件の核心に迫っていく過程も興味深く、テンポもよくて引き込まれました。密かに調査に乗り出す原島と部下・浜本優衣(朝倉あきさん)のコンビもいい味を出していて面白かったです。実は重大な秘密を抱えていた八角が、やがて社会をも揺るがす行動を起こすという展開もよかったです。ラストで八角が会社組織というものについて自分の見解を述べるシーンも印象的でした。世間の常識よりも会社の常識の方が大事になってしまい、人の命よりも会社の命を優先してしまうという日本の会社勤めの人間の愚かさを指摘する八角。さらにそのルーツは藩から出されたら負けと思ってしまう侍の考え方にあると主張しました。そんないわばDNAに刷り込まれてしまっている哀しき企業人の生き方ですが、八角の言う通り、ひたすら悪いことは悪い、命より大事なものはない、と言い続けていくしかないのかもしれません。色々と考えさせられました。

タイトルとURLをコピーしました